ウルウ(ULU)の人気の理由と、デメリット&解決策

意外と多い赤ら顔の悩み。

そんな赤ら顔のケアとスキンケアがいっぺんにできてしまう「ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)」が、今、話題になっています。

オールインワン美容エッセンスなのでお手入れが簡単ですし、赤ら顔改善効果の実感もしっかりとできるということから、人気を集めているんですよ。

今回は、そんなウルウが気になっている人のために、その人気の理由とデメリット、そしてデメリットの解決法までまとめていきますね。

まずは人気の理由からです。

これは、なんといっても完全無添加スキンケアという点です。

赤ら顔で悩むということは、皮膚が薄いことに加えて敏感肌や乾燥肌、インナードライ肌などの問題を抱えている方も多く、肌のバリア機能がうまく働いていないと考えられます。

つまり、ちょっとした外部刺激にも負けてしまうデリケートな肌なのです。

化粧品に肌が負けてしまう原因のひとつに美容成分以外の添加物がありますので、ウルウはこれらを一切取り除いて、安心して使用できるように配慮されているんです。

そして、肌のバリア強化成分の浸透セラミド(セラミド2・3・6Ⅱ)をたっぷりと配合していますから、肌の弱い赤ら顔の状態が改善へとつながるのです。

ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)は美容成分100%で、肌を外部刺激から守って健康な肌に導いてくれる、赤ら顔が改善される、ということでとても人気なんですね。

次にウルウのデメリットです。

これは、無添加スキンケアだからこそのジレンマとも言えますが、使用期限が短いことがデメリットです。

化粧品の多くは、長く使えるように防腐剤が使われています。

通常のスキンケア製品の消費期限の目安は開封後で半年程度という場合が多いのですが、ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)は2ヶ月以内の使い切りを推奨しています。

ですから、他のスキンケアアイテムと併用したり、なんとなく赤ら顔が改善したような気がするから残りは使わずにとっておこうなどということで、気付いたら2ヶ月以上経っていた、ということもなくはありません。

ウルウは、無添加だけにこの点だけは注意しないといけないですね。

そして、このようなデメリットの解決策としては、開封日をラベルに書いておいたり、使い始めたら1ヶ月はウルウ一本で集中ケアをしていくということです。

もともとウルウは約1カ月で使いきれるサイズですので、これなら消費期限をそれほど気にすることなく最後まで使いきれます。

また、保管場所も極端に高温低温多湿な場所や直射日光を避けた場所を選ぶと、フレッシュな状態を保つことにつながります。

くれぐれもお風呂場などには置かないでくださいね。

いかがですか?

ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)にはちょっとしたデメリットもありますが、工夫をすればデメリットは解消です。
ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)は潤いもアップする?2

ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)はお手入れも簡単で結果も実感できる実力派です。

気になる方は、ぜひお試しください。
公式サイト↓

u