ウルウ(ULU)と白漢 しろ彩(はっかんしろさい)の比較!どちらがよい?

赤ら顔でお悩みの方、多くいるのではないでしょうか。

「赤ら顔」という言葉は、最近知りましたが、振り返ると私も長年赤ら顔の症状に悩み続けていました。

赤ら顔だと、お化粧選びも気を使いますよね。

ネットで調べてみると、「ウルウ」と「白漢 しろ彩」が、赤ら顔に良いみたいだけど、どちらを使ってみようか迷っているという書き込みなどをよく見掛けるので、それぞれの特徴などを比較したいと思います。

「ウルウ」も「白漢 しろ彩」も、どちらも人気がある赤ら顔ケア専用の化粧品ですが、違いなどを調べてまとめてみました。

それぞれの商品を詳しく知るために、まずホームページを調べました。

どちらもこだわりの美容成分が使われていることがわかりました。

「白漢 しろ彩」は、様々な有効成分を打ち出しているのに対し、「ウルウ」は、セラミドケアを全面に打ち出しているので、どのような効果があるのかイメージできやすい印象が強いです。

使い勝手については、ウルウはオールインワン化粧品なので、これだけでケアが完了するのにたいし、白漢は化粧水なので前後のケアが必要になります。

ですから、白漢だと、赤ら顔のケアができる化粧水の前後のアイテムについて改めて探さないとならないという手間は必要になりますね。

肌に優しいか、どうかについてですが、どちらの商品も肌に優しい処方となっていますが、ウルウは完全無添加に対し、白漢は完全無添加ではありません。
赤ら顔をケア!和漢化粧水「白漢 しろ彩(はっかんしろさい)」の本音の口コミ
ですから、敏感肌の方は、注意が必要かもしれません。

ウルウは、シンプルな処方というイメージです。
ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)は潤いもアップする?2
次にコストについてです。

ウルスは、定期コースで購入すると20%オフで購入可能になります。

定期コースの場合、一定期間続けて購入しないとならないのでは?と不安に思われる方もいるかもしれませんが、ウルウは万が一続けない場合、1回でストップすることが可能なので安心です。

オールインワン化粧品なので、1か月ウルウ1本だけでよいので、コスパも悪くないと思います。

白漢 しろ彩は、同じく定期コースで購入すると安くなりますが、定期コースの場合3回連続購入が条件なので、肌に合えばお得ですが、続けられるかわからない、心配という方は最初は単品で購入するのが安心かもしれませんね。

また、ウルウのようにオールインワン化粧品ではなく、化粧水なので、その他のケア用品が必要になります。

それらの価格にもより、コスト面でどちらがお得かが変わってきますね。

最後に返金保証についてですが、白漢 しろ彩は、返金保証がついており、ウルウにはついていません。

白漢 しろ彩は、開封してからも返金OKなので、使ってみて万が一肌に合わなくても返金保証があるので安心です。

ただし、購入時のパッケージがしっかり揃っていることと、購入後60日間に限ること、1回限り、1品しか返金対象にならないこと、返品したら、この製品はもう購入できないこと、送料や手数料が引かれるなど、返金に条件があるので、購入時にきちんと確認しておくと良いでしょう。

では、この2つの商品をまとめますね。

ウルウは、完全無添加で、お得に安心ケアができ、白漢 しろ彩は、返金保証付きで気軽にお試しができます。

どちらも公式サイトがあるので、詳しくはそちらをご覧ください。

ウルウ公式サイト↓

白漢しろ彩公式サイト↓


us