アトピスマイルクリームの口コミ効果やコスパを評価!他の保湿剤との違いは何?


アトピスマイルクリームの口コミ効果やコスパを評価!他の保湿剤との違いは何?

肌荒れって、本当嫌ですよね。

食生活とか睡眠不足など、原因が明確に分かっているものだったらまだいいのですが、それが分からなかったり、特にアトピーなど生まれつきのもので、自分の努力だけでは限界がある場合は、かなり大変です。

こんな厄介な肌荒れ、一体どうしたらいいのでしょうか。

そんな肌荒れに大人気のアトピスマイルについて詳しくチェックしました。
先に公式サイトをチェック→アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら
「アトピスマイルクリームの口コミ効果やコスパを評価!他の保湿剤との違いは何?」の続きを読む…

アトピスマイルとロベクチンの違いを比べてみて気づいた選び方とは?

アトピスマイルとロベクチンの違いを比べてみて気づいた選び方とは?

肌の保湿をしたいけれど、これまで何をやっても本当に良いのか実感できないという方きっと多いと思います。

私の子どもは敏感肌でアトピー持ちです。

赤ちゃんの頃にアトピーらしい症状が発症し、数年間はアトピーの診断もされず、とにかく清潔に保つことと保湿をするように小児科医に言われ続けていました。

市販の保湿剤で良いから肌に合うものを見つけてからと言われたので、ドラックストア等でとにかくたくさんの保湿剤を試してみました。

でも、物によっては肌が真っ赤になって余計に痒くなるものもいくつかあったり、赤くはならないものの保湿できているのかな?と思うようなものがほとんどでした。

数年後、近所に良い皮膚科があると教わり行くと、その場でアトピーだと診断され、その日からステロイド治療が始まりました。

生まれて初めてのステロイド軟膏を使うと劇的に痒みはなくなり、治ったのかと思うほどでした。

しかし薬をやめると痒みが現れますし、でもステロイドは使いたくない気持ちで葛藤の日々でした。

乾燥が原因で悪化するのだから、しっかり保湿していくことがとにかくアトピー肌のケアをする第一歩だと思います。

それで探し続けると「アトピスマイル」と「ロベクチン」を知りました。

「アトピスマイルとロベクチンの違いを比べてみて気づいた選び方とは?」の続きを読む…

アトピスマイルの効果って何があるの?

アトピスマイルの効果って何があるの?

アトピスマイルクリームを使ってみたいと思われている方、たくさんいるのではないでしょうか。

テレビで紹介されましたし、私も最近よく商品名を聞くようになり、とても気になっています。

私の子どもはアトピー肌で、特に秋から冬にかけて肌の状態が悪化します。

毎年、早め早めに対策をしているつもりですが、どうしても真冬は毎年痒くてとても辛そうです。

病院で処方してもらっている塗り薬も使っていますが、あまり薬は使いたくないし、でも薬を使わないと夜も痒みから眠りが浅くなっています

なんとかしたいと常に思っているのですが、アトピスマイルクリームならなんとかしてくれるかもしれない!と思ったのです。 「アトピスマイルの効果って何があるの?」の続きを読む…

アトピスマイルを使えばデリケートゾーンのかゆみケアにも良いって本当?

アトピスマイルを使えばデリケートゾーンのかゆみケアにも良いって本当?

デリケートゾーンが痒くて辛い経験をされたことがある方、いませんか?

私は、時々痒くなるものの、だいたい自然に落ち着くことも多いのですが、数年前にものすごく痒くて痒くて我慢できないほどで、それが何日も続いて落ち着く気配がなくて辛かったことがあります。

デリケートゾーンの痒みに良いという市販薬を使ったこともありますが、良いような、意味がないような、よくわからない感じでしたね。

ちょうど、同じ頃、知り合いもデリケートゾーンの痒みに悩んでいました。

今回は、その知人の話をさせてもらいますね。

知人は、当時デリケートゾーンのものすごい痒みに襲われて、婦人科を受診しました。

1か所目・・・イマイチ、2か所目・・・ここもイマイチ・・・という風に、婦人科を何か所も受診し、いくつかめの病院で「外陰炎」と診断されたそうです。 「アトピスマイルを使えばデリケートゾーンのかゆみケアにも良いって本当?」の続きを読む…

アトピスマイルの安全性はいかが?赤ちゃんや子供にも安心?

アトピスマイルの安全性はいかが?赤ちゃんや子供にも安心?

空気が乾燥してくるこれからの季節は、皮膚の痒みに悩まされる方も増えると思います。

私自身がアトピー性皮膚炎を持っていますが、やはり冬になると症状が悪化し、カサカサとすることにより痒みが増してしまいます。

もともと敏感肌やアトピー体質の人は、他の人と比べて皮膚表面のバリア機能が低下しています。

本来であれば、外的刺激からバリア機能が守ってくれるため、強い痒みや炎症を引き起こす事はありません。

しかし、バリア機能が低下した肌状態で、さらに外的刺激による影響を受けることにより、かゆみ、炎症など様々な症状を引き起こしてしまうのです。

そして、これはつい最近私自身が知ったことですが、皮膚の内部に存在する痒み神経は、皮膚を掻くことにより伸びてしまうことが判明しています。

本来であれば皮膚の表面近くまで痒み神経が伸びていないため、一時的な痒みがあったとしてもすぐに元の状態に戻るのが正常です。

しかし、バリア機能が低下し、たびたび痒みを発生している状態の肌は、皮膚の表面近くにまで痒み神経が伸びてしまっています。

そのため特に刺激を引き起こしていなかったとしても痒みを発生しやすくなるのです。

つまり、 「アトピスマイルの安全性はいかが?赤ちゃんや子供にも安心?」の続きを読む…