砂糖で保湿効果って本当?手作りでかぶれない方法を教えて!

砂糖で保湿効果って本当?手作りでかぶれない方法を教えて!

乾燥が気になるこの季節、あなたは保湿ケアをしっかりと行っていますか?

店頭では保湿に効果的なアイテムが数多く発売されていますが、最近注目されているのはヒアルロン酸でもセラミドでもなくお砂糖です。

スキンケアとお砂糖。

一見何の関わりもなく感じてしまいますが、実はお砂糖には肌を柔軟に導き保湿する大きな効果が期待できます。

そもそもお砂糖は、料理やお菓子に多く含まれていますが、味付けを甘くするだけのものではありません。

例えば日本人が大好きな和食にもお砂糖は多く含まれていますが、煮物を作る際に1番最初に入れるのがお砂糖です。

お砂糖を最初に入れる理由は、素材に甘みを加えるだけでなく、柔らかくする効果があるからです。
柔らかくすることにより素材の内部にまで味を染み込ませ、ふっくらと仕上げます。

これは食材だけでなくスキンケアとしても応用することができます。

そんなお砂糖の浸透力や吸収力にこだわって人気を集めているのがお砂糖のパックやスクラブです。

お砂糖でパックを行う際には、砂糖水を作りコットンに浸透させます。
そしてコットンでパックを行うことにより、肌を柔らかくして乾燥を改善する効果が期待できます。

さらにお砂糖をそのまま肌に用いることにより、スクラブとして使用することができ、その後使用するスキンケアアイテムの浸透力を高めてくれます。

しかし、お砂糖はざらざらとしていることから、時に肌を傷つけてしまう可能性があります。
さらにかぶれなどの肌トラブルを引き起こす場合もあるので、スクラブとして使用する際には細心の注意が必要です。

また、手持ちの化粧品やオイル等と組み合わせることにより、保湿効果を高める効果が期待できます。

お砂糖の保湿力は美容業界だけでなく、医療の現場でも注目を集めており、天然の保湿剤として高い効果をもたらします。

特にこれから寒くなる冬に向けて、肌の柔軟性は損われて乾燥状態に陥る機会が増えますが、お砂糖を使ったスキンケアを日常的に使用することにより、肌に柔軟性を与えて乾燥知らずの肌を作り出すことも可能です。

しかし、先ほどご紹介したようなスキンケアアイテムをお砂糖で作るのは面倒だし、もし小さくても粒が尖ったままだと逆効果で肌荒れを起こすので手作りは心配だと思いませんか?

そこで私が注目したのは、主成分にお砂糖を使うことにより肌の貯水力を高める「みんなの肌潤糖」です。

みんなの肌潤糖は、発売以降大ヒット商品として高い人気を誇り、お砂糖を植物オイルで特殊加工することにより肌に負担を与えることなく保湿力だけを高めることができます。

みんなの肌潤糖を使った後のスキンケアは、通常のスキンケアと比較しても何倍も浸透力を高め、肌表面だけではなく肌の内部に潤いを与えることができます。

特に最近では肌の内部が乾燥状態に陥るインナードライ肌が急増していることから、お砂糖の力をかりることで肌内部の水分量を高めることが可能です。

また、肌のバリア機能が著しく低下してしまうアトピー体質の方にも、みんなの肌潤糖は効果的となっているので、ぜひ試してみてください。
みんなの肌潤糖の正しい評価を教えて!

u