お尻が乾燥してかゆい!保湿ケア対策を教えて!

そろそろ肌が乾燥する季節ですよね。肌が乾燥すると肌がかゆくなりやすいです。

乾燥した肌を掻いてしまうなんてことはありませんか?

肌をぼりぼり掻いてしまうと、肌を傷つけて肌荒れの原因になってしまいます。

あんまり掻くと肌が荒れるだけでなく、メラニン色素が沈着して肌が黒くなる原因にもなります。

一旦肌が黒ずんだ状態になっても、すぐに治ればいいのですが、沈着したメラニンを落とすのは意外と大変です。

お肌がかゆくなる場所がお尻だったりすると最悪です。

ぼりぼり掻いてお尻が黒くなった状態のまま夏がきてしまうと、露出度が高いセクシーなビキニを着ることも出来なくなりますし、温泉に行ったときも周りの目が気になってしまう方もいるでしょう。

そんなことにならないように、冬のうちに出来るお尻の肌ケアを紹介したいと思います。

―まずはクリームを使って保湿―

まずは、お尻の乾燥を防ぐために綺麗にお尻を洗ってお風呂からあがった後、保湿効果が高いクリームを塗りましょう。

普段全身の肌のケアに気をつけている人でも見落としがちな場所がお尻です。

顔や足やうなじなどには注目しても、意外とお尻の手入れは怠りがちな人が多いんですね。

そこで、全身にクリームを塗りつつ、お尻にもしっかりと保湿成分が肌のおくまで浸透するようにクリームを塗りこみます。

お尻ににきびが出来やすい人は、にきびに効果的な市販の塗り薬も追加で使用するといいかもしれません。

保湿クリームを使ってしっかりとお尻を保湿すれば、お尻がかゆくなることもなくなるし、掻くこともなくなるので肌が黒くなることはありません。

―肌が荒れないように内側から対策するー

あなたは肌荒れをケアするには化粧品や塗り薬を使うだけで良いと思っていませんか?

肌荒れの原因は実は肌ケア不足だけではありません。

食生活も肌に大いに影響を及ぼしているのです。

つまり、お尻を綺麗にしたかったら、クリームを塗って乾燥やにきびを防ぐだけでなく、食生活や睡眠時間なども見直す必要があります。

食事は、外食やコンビニで購入したものを控え、栄養バランスの良い食事を取るようにしましょう。

睡眠時間は7時間から8時間取ることが望ましいですが、難しい場合は出来るだけ質の高い睡眠を取るようにすれば大丈夫です。

寝ている間に肌の新陳代謝を活発にするホルモンが分泌されるので、質の良い睡眠は肌の乾燥を予防し、肌の状態を改善します。

あなたも綺麗なお尻を目指すなら体の外側のケアだけでなく内側のケアもするようにしましょう。

◆お尻の乾燥を保湿ケアしてかゆみも軽減!と人気のボディクリームは、アトピスマイルです。

お尻だけでなく、顔も手足も乾燥してカサカサになってしまうところ全身に塗ることができます。

メイン成分ライスパワーNo11のおかげで体内のセラミドも増えますので、潤い効果がアップするんです。

口コミ評価も高いですよ。

アトピスマイルクリームの効果と気になる口コミ

u