お尻と太ももの間がカサカサで乾燥して痒いのを改善するコツ

お尻と太ももの間がカサカサで乾燥して痒いのを改善するコツ

お尻と太ももの間が乾燥してカサカサしていたり、痒みを伴う場合の改善策は、いつくかあります。

痒くても、人前で掻くこともできませんし、少しでも改善させたいですよね。

日常生活の中で改善できることがあるので紹介しますね。

大切ことは、十分に保湿をすること、そして痒くても掻かないように注意してください。

また下着の締め付けが強いと、それが刺激となって肌荒れしたり、痒みも増してしまいます。

下着は自分のサイズに合っているもの、ゆったりしたものを身に着け、素材は綿など自然素材で通気性の良いものにすると良いですよ。

他にも、刺激を減らすために、例えば長時間座りっぱなしなど同じ場所が刺激を受け続けているようでしたら、立つ時間を設けたり、椅子にクッションを敷いてみたりするのも良いかもしれませんね。

同じ個所が刺激を受け続けていると、肌荒れしやすく痒くなりやすくなります。

しかし痒くても、こすったり掻いたりしないでください。

痒いからと掻いてしまって自分で刺激を与えていることになります。

入浴時は、優しくソフトに洗いましょう。

清潔に保つことは良いですが、洗いすぎは乾燥を招くので気を付けてください。

洗うときですが、太ももの痒い部分は、石鹸は使わずに、ぬるま湯で洗い流すだけで大丈夫です。

痒くて、痒み止めを使いたくなるかもしれませんが、薬に関して注意が必要です。

痒く止めを使い続けると、そのときはいったん痒みは治まるかもしれませんが、後に痒みがひどくなることがあります。

ステロイドが含まれている薬の場合、使い続けると皮膚が薄くなり痒みが増してしまいます。

さて、起きている時は痒くて我慢するとして、寝ている間に無意識に掻いてしまうこともあると思います。

ですから、爪は短くしておきましょう。

朝、起きたらシーツやパジャマに血がついていたなんてことありますよね。

それを防ぐためにも爪は短くしておくと安心です。

先ほど下着は締め付けのないものをという注意点がありましたが、パジャマも肌に優しい素材で、ゆったりしたものが良いでしょう。

食事についてですが、ビタミンやミネラルが豊富なものをメインに、良質なたんぱく質や脂質、炭水化物などバランスの良い食事にしましょう。

外食をする時は、和食の定食が良いですね。

また、甘いものや油脂も少なめにすると痒みの改善に効果的です。

肌が乾燥から痒みが起きているということはね肌のバリア機能が壊れていることが考えられます。

バリア機能を修復することで、乾燥が改善し痒みも改善するかもしれません。

そこで、お勧めは「アトピスマイル」です。

皮膚のバリア機能を修復してくれる強力なスキンケア「アトピスマイル」を使うことで、乾燥が改善し肌のカサカサ、痒みも改善へと導いてくれると思います。

アトピスマイルはお米を原料にした無添加の自然素材なので安心して使えます。
アトピスマイルクリームの効果と気になる口コミ
保湿と保水効果で潤ってかゆみも軽減しますよ。

公式サイト↓
ライスパワーショップ

atopismailej

u