顔の乾燥で白い粉をふく!強力に保湿する方法は?

お肌が乾燥して白っぽく粉をふく、いわゆる「粉ふき顔」は、空気が乾燥した冬に気になることが多いですよね。

特に顎や口元に出る方が多いと思います。

私も乾燥肌なので冬になるとしっかりと保湿したつもりなのに、よく粉をふいてしまい、悩んでいた時期がありました。

正しいケアをしていなかった事が原因でした。

粉ふきは痛みやかゆみなど感じませんが、実は意外と改善するのが難しいのです。

日常的にきちんとスキンケアをしていても、発生してしまいます。

粉ふきは白い粉が顔に付いているように見えますが、実は角質がきちんと剥がれ落ちていないのです。

私は粉が付いていると思い、必死に取ろうとした事があります。

保湿をする前にまずはピーリングで角質を剥がれやすくして、皮膚を柔らかくしてあげる事が大事です。

古い角質を取り除き健康な角層を作り、肌の細胞を健康な状態に戻してあげましょう。

そうすると、スキンケア成分が角層に入りやすくなります。

ですが、敏感肌の方には刺激が強く、炎症を起こす可能性もありますので様子を見ながら行って下さい。

ピーリングの後は、たっぷりと保湿です。

乾燥肌そのものを改善していきます。

いつものケアはもちろんですが、細胞間の潤い要素のヒト型セラミドや天然保湿因子(NMF)を補充していきましょう。

保湿と言うと、ヒアルロン酸やコラーゲンが有名ですが一時的にしか潤いを維持出来ないので
長時間潤いを維持してくれる、セラミドは潤いのあるお肌を保てます。

尚、乾燥で弱っているお肌には低刺激な物や無添加で天然成分配合のものを選ぶと良いでしょう。
保湿力の高い美容液を一つプラスするだけでも効果はアップします。

また、お風呂上がりすぐに保湿をする事をおすすめします。

化粧水を染み込ませたコットンで部分的にパックをするのもおすすめです。

しっかりと保湿をしてもいつまでも治らない人は皮膚科を受診する事で治りも早くなります。

主にステロイド治療になりますが副作用が出やすいので避けたい方はヒルロイドや白色ワセリン、ケラチナミンなどを処方してもらえるように相談してみましょう。

きちんと正しいケアをすると粉ふきは必ず治ります。

スキンケアだけでなく、食生活も見直してみると良いでしょう。

ビタミンCやβカロチンなど含むレモン、いちご、キウイフルーツ、人参などを積極的に取り入れてみて下さい。

日常的に摂取が難しい場合はサプリメントを上手く活用してみると良いかと思います。

あとは、水分補給をこまめにしたり、加湿器を付けたり工夫してみて下さいね。

艶のある美しいお肌を手に入れたいですね。

◆乾燥肌やアトピーなどで粉ふき顔になりやすいときは、保湿力が高いライスビギンを使うといいです。

ライスパワーno.11がメイン成分で内側から保水してセラミドを生み出すサポートをするからです。

口コミでも人気なのがオールインワンで使えるライスビギンです。
ライスビギンオールインワン エマルジョン No.11で小じわ改善効果は、本当?

us