乾燥肌で顔の赤みが解消するコツ

乾燥肌で顔の赤みが解消するコツ

顔の赤みが気になるという方、色々な原因が考えられます。

例えば温度差で赤くなるという方もいますし、乾燥肌で赤くなるということもあります。

ここでは、乾燥肌による顔の赤みの改善方法を紹介します。

顔の肌が乾燥しすぎると、皮膚が傷ついていて赤くなることがあります。

角質層内の水分がなくなり乾燥し、角質層のバリア機能が壊れている可能性が高いですね。

顔をゴシゴシ力を入れて洗うと乾燥肌が悪化します。

そして赤みが出ることがあるのです。

ゴシゴシ洗わなくても、マッサージのしすぎでも皮膚が弱っていると、赤くなったり炎症が起こります。

乾燥肌で赤みがある時は、マッサージなども控えてみてくださいね。

洗顔するときは、無添加の石鹸や洗顔料を使います。

よく泡立てて、泡で包むように洗ってください。

洗顔のしすぎは乾燥を招くので、多くても1日に2回までにしてください。

洗顔後は保湿を忘れずにしてください。

化粧水も無添加のものを使うと良いですね。

また冷えが赤みや乾燥肌の原因になることもあるので、冷え対策もすると良いでしょう。

根菜類は身体を温めてくれるのでオススメです。

反対に白砂糖は身体を冷やすので、要注意です。

夏野菜も身体を冷やすので、冷え性の方は、トマトやキュウリなどは控えめにした方が良いですね。

食べる時は、スープにするなど工夫して、生では食べないようにしてください。

冷え性改善には、人参やカボチャや温野菜がオススメです。

乾燥肌がひどい時は、コラーゲンを含む食材(手羽先や豚足、フカヒレや魚の皮など)、ビタミン、ミネラルを含む野菜や果物を摂りましょう。

これらの食材を積極的に摂り皮膚が修復されると、赤みも改善されることが期待できます。

しかし食べ物など対策をしても、なかなか改善しない時は『カルグルト』が良いですよ。
カルグルトの効果!人気の理由と気になる口コミ
乳酸菌サプリのカルグルトは、赤ら顔に効果がある乳酸菌抽出物LFKが含まれており、口コミでも、その効果が話題になっています。

スキンケアを選ぶ時は、無添加のもの、肌に優しいものを選んでくださいね。
公式サイト↓
カルグルト