角質粒と毛孔性苔癬の違いとは?改善のアイテムはある?

角質粒と毛孔性苔癬の違いとは?改善のアイテムはある?

首元や胸元にブツブツやザラザラができて困ったという経験はありませんか?

見た目も気になるところですが、衣類やアクセサリーがひっかかることもあるので、生活していく中で不便に感じますよね。

そのブツブツやザラザラ、角質粒か毛孔性苔癬かもしれません。

角質粒や毛孔性苔癬とは、どのようなものなのでしょうか?

また改善する方法はあるのでしょうか。

では、1つずつみていきましょう。

まず角質粒についてです。

角質粒とは、老人性イボ・老人性ゆうぜい・脂漏性角化症などとも呼ばれています。

呼び方は色々とありますが、どれも同じもので皮膚疾患です。

症状の特徴として、顔や首、手の甲にできやすく、米粒大ほどの大きさです。

茶色から黒色であることも特徴の1つで、紫外線ダメージによる皮膚の老化が原因と言われています。

発症年齢ですが、老人性と言われていますが、高齢の方に多いというわけではなく、20代や30代の方もできることがあります。

次に、毛孔性苔癬についてです。

毛孔性苔癬とは、毛孔に角質が充満し、表皮にまで盛り上がった状態をいいます。

角化異常による皮膚疾患です。

二の腕や太もも、お尻によく見られます。

アトピーの方によく現れ、毛孔ごと盛り上がっており、黒ずんでいることも特徴です。

この2つの皮膚疾患は、紫外線や皮膚のターンオーバーの異常が原因で起こります。

皮膚科を受診すると、レーザー治療や切除などの方法で治療してもらえます。

しかし、自宅で自分でケアすることで改善も期待できますよ。

それは、ターンオーバーの促進、毛穴ケア、紫外線対策、保湿ケアです。

それなら簡単にできる!

と思いますか?

意外と難しそう。

と思いますか?

実は、オススメのアイテムがあるのです。

ピュアルピエと艶つや習慣という商品です。

効果は、どちらも同じで、肌のターンオーバーの促進、ザラザラした肌をなめらかにする働きのある成分が配合されているスキンケア商品です。

首や腕、胸元などのブツブツやザラザラをケアできます。

口コミでも好評です。

さて、2つ良い商品があると知ると、どちらを使うと良いのか迷いますよね。

そこで参考までに成分の特徴を紹介しますね。

ピュアルピエは、水溶性プラセンタエキスの働きでターンオーバーの促進、肌細胞の修復と再生を促してくれます。

コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分と炎症を抑えるグリチルリチン酸、加茂ミラエキスとアーティチョークエキスが美白作用の働きをしてくれます。
ピュアルピエ(旧ピュアルテ)のぶつぶつ改善効果は本当?
これらのことから、特に角質粒にオススメです。

一方、艶つや習慣は、あんずエキスとハトムギエキスの働きにより、皮膚粘膜を強化し、毛孔性苔癬に特にオススメとなっています。
艶つや習慣の口コミとポツポツ角質ケア効果
どちらか気になる方から試してみても良いですし、成分から選択するのも良いですし、気軽に試してみてください。

どちらも公式サイトがありますので、詳しくは、そちらをどうぞ。

ピュアルピエ公式サイト↓

艶つや習慣公式サイト↓
艶つや習慣

u

あわせてお読みください: