みんなの肌潤糖とサラヴィオ美容液の違い比較!併用してもいいの?

みんなの肌潤糖とサラヴィオ美容液の違い比較!併用してもいいの?

みんなの肌潤糖とサラヴィオ美容液は、どちらも肌に優しいことでご存じの方が多いかもしれませんね。

どちらもアトピーに良いことで有名でもありますよね。

アトピー性皮膚炎で悩む方が増えています。

原因は様々ですが、根治が難しいと言われている皮膚疾患で、薬を使って治療をしている方も多くいます。

しかし薬を使っても治るわけではなく辛い症状を緩和させる意味の治療しかありません。

またアトピーの人は、普段使うスキンケア商品も市販されているものは使えないものが多いという方も多く皮膚科で購入されている方もいます。

しかし、みんなの肌潤糖とサラヴィオ美容液は、敏感肌の方やアトピーの方も安心して使えるアイテムなので、オススメしたいと思います。 「みんなの肌潤糖とサラヴィオ美容液の違い比較!併用してもいいの?」の続きを読む…

毛穴の黒ずみや開きには、みんなの肌潤糖と肌潤糖クリアは、どちらが最適?

毛穴の黒ずみや開きには、みんなの肌潤糖と肌潤糖クリアは、どちらが最適?

毛穴の黒ずみや開き、気になりますよね。

なんとかしたい!対策したい!けれど、何からやったら良いのかわからない。

肌トラブルは避けたいけれど、使うアイテムによっては更なる肌トラブルが起こるリスクもあるかもしれないと思うと、放置してしまうという方いませんか?

私は昔、毛穴の黒ずみが取れるというパックをよく使っていました。

パリパリと剥がすと、黒ずみがたくさん取れるんですよね。

これで毛穴はキレイになったんだなあと思うと、どうしても頻繁にやってしまっていました。

しかし、これが後に毛穴トラブルを更に悪化させてしまう原因になっていることを知ったのです。

それからは気になっても放置しがちです。

ても「肌潤糖」が良いと知り、お肌に優しいし、これなら安心して使えるなと思い試してみたいと思っています。

ところで肌潤糖には「みんなの肌潤糖」と「肌潤糖クリア」の2種類があります。

この2つの違いや特徴などを調べてみましたよ。 「毛穴の黒ずみや開きには、みんなの肌潤糖と肌潤糖クリアは、どちらが最適?」の続きを読む…

顔の左側だけガサガサで乾燥するのはなぜ?

顔の左側だけガサガサで乾燥するのはなぜ?

顔全体ではなく、いつも顔の左側だけカサカサして悩んでいるという知人から相談を受けたことがあります。

顔の左側だけ乾燥してしまうということは、そちら側だけ強く刺激が加わっていると考えられますね。

話が反れますが、私は左右の目の視力の差が大きいです。

片方だけとても悪く、もう片方はよく見えます。

少しずつ悪くなっていったようで、生活をしていく上で不便ではなかったのですが、年に1回の会社の健康診断でそのことがわかりました。

そのとき「研究か何かのお仕事ですか?」と聞かれました。

顕微鏡を仕事で頻繁に使って片目だけ酷使しているのではないかと聞かれたのです。

当時、私は事務員でした。

就職してパソコンを使うようになり、確かに疲れ目は気になっていましたが、仕事で片方の目だけよく使うということはしていませんでした。

健診が終わってから、考えてみると、当時携帯電話が普及し始めた頃で、夜布団に入ってから暗闇でよくメールをしていたのです。

横になった状態でメールをしていたので、おそらくその体制が目に負担となっていたのかもしれません。

それから布団に入って(横になって)暗闇で携帯を見ることはやめました。

しかし以降、視力が改善することはありません。

このように、目と皮膚は違うかもしれませんが、片方だけ刺激が強く加わると、それが原因となり悪影響が現れるということだと思います。

話を戻しますね。

顔の左側だけに強い刺激として、例えばですが左側に窓がある環境(学校や職場)で日中過ごしていると、左半分に紫外線が降り注ぎ、左側がカサカサになったりシミができやすくなります。
「顔の左側だけガサガサで乾燥するのはなぜ?」の続きを読む…

お尻や太ももがカサカサ!乾燥してかゆい!どうすればいい?

お尻や太ももがカサカサ!乾燥してかゆい!どうすればいい?

お尻や太ももがカサカサ、乾燥して痒い時はどうしたら良いのでしょう?

アトピーや乾燥肌で肌荒れして、カサカサするし痒みも伴うことありますよね。

アトピーの方は、症状が重い方でしたら皮膚科など専門医を受診して適切な治療を受けることも必要になる場合がありますが、どなたにも共通している大切なことは、「十分な保湿ケアと掻かないこと」です。

これは、基本的で、でもとても大切なことになります。

ですから、このことは大前提として、その上で食生活の改善や生活習慣の改善も大切になります。

また下着の締め付けが強いと肌に刺激となってしまいます。

肌荒れが悪化することも考えられますので、ゆったりとして締め付けのない下着で、素材はコットンなど蒸れにくい自然素材のものにしましょう。

肌に刺激となるものは避けることが大切で、ガードルなども履かない方が良いでしょう。

同じ場所に刺激が続くと血行不良となり肌荒れしやすく、痒くなりやすくなります。

対策として、クッションを使うなどして、刺激を少なくし、長時間座りっぱなしにならいなどの工夫が櫃ようです。

お風呂では、強くゴシゴシ洗うことは止め、無添加の石鹸を使って優しく洗いましょう。

痒みのある部分には、しばらく石鹸は使わない方がいいかもしれませんね。

痒み止めの薬も、塗り続けると後から痒みが悪化することがあるので注意が必要です。

ステロイドが入ったものは特に注意が必要です。

まだ気を付けることがあります。

寝ている時など無意識に掻いてしまうことがあるので、爪は短く切ること、清潔にすること、パジャマなども肌に優しい素材のものにし、ゴムなど締め付けがない、ゆとりのあるものにしましょう。

食事は、肌の修復に役立つビタミンやミネラルが豊富な野菜をメインとし、良質なタンパク質や脂質、炭水化物も摂るようにし、バランスの良い食事を心掛けましょう。

ここで、強力な保湿アイテムを紹介します。

それは「みんなの肌潤糖」です。
「お尻や太ももがカサカサ!乾燥してかゆい!どうすればいい?」の続きを読む…