アトピスマイルとロベクチンの違いを比べてみて気づいた選び方とは?

アトピスマイルとロベクチンの違いを比べてみて気づいた選び方とは?

肌の保湿をしたいけれど、これまで何をやっても本当に良いのか実感できないという方きっと多いと思います。

私の子どもは敏感肌でアトピー持ちです。

赤ちゃんの頃にアトピーらしい症状が発症し、数年間はアトピーの診断もされず、とにかく清潔に保つことと保湿をするように小児科医に言われ続けていました。

市販の保湿剤で良いから肌に合うものを見つけてからと言われたので、ドラックストア等でとにかくたくさんの保湿剤を試してみました。

でも、物によっては肌が真っ赤になって余計に痒くなるものもいくつかあったり、赤くはならないものの保湿できているのかな?と思うようなものがほとんどでした。

数年後、近所に良い皮膚科があると教わり行くと、その場でアトピーだと診断され、その日からステロイド治療が始まりました。

生まれて初めてのステロイド軟膏を使うと劇的に痒みはなくなり、治ったのかと思うほどでした。

しかし薬をやめると痒みが現れますし、でもステロイドは使いたくない気持ちで葛藤の日々でした。

乾燥が原因で悪化するのだから、しっかり保湿していくことがとにかくアトピー肌のケアをする第一歩だと思います。

それで探し続けると「アトピスマイル」と「ロベクチン」を知りました。

どちらもしっかり保湿をしてくれて、実感が得られるというのです。

この2つは同じような商品なのでしょうか。

どちらを選ぶか迷います。

そこで2つの商品の違いや特徴などを調べてみることにしました。

まずアトピスマイルです。

こちらは国産お米100パーセント由来のライスパワー№11成分が入っているクリームです。

厚生労働省が唯一肌の水分保持機能のケアができると認めた成分です。

肌の水分が足りないことで起きる極度の乾燥肌の方の肌質ケアや今起きている炎症のケアにも向いています。
アトピスマイルの全て!口コミ効果の噂は本当?アトピー・乾燥肌でも潤いアップ?

続いてロベクチンです。

こちらは、肌と負担をかけないよう低刺激の成分で作られている保湿剤です。

抗がん剤治療や放射性療法等を受けると肌荒れに悩むことが多くなると思います。

しかしそのような患者さんの肌もしみにくく肌の保湿ケアを安心して行えることを目的に開発されました。

バリア機能が損なわれている肌にも着目して開発されていますよ。

アトピー肌や極度の敏感肌の方、バリア機能がしっかり形成されていない肌質ケアにも高い力を発揮してくれます。
ロベクチンのメリットとデメリットの解決策

どちらも肌に優しい保湿剤になりますが、使われている成分が異なります。

ですから、どちらも良いし、どちらが良いとは言えません。

肌との相性もありますし、できれば両方使ってみて自分の肌に合うものを知るところから始めるのが良いと思いますが、どちらから使ってみるか迷うところだと思います。

そこで、例えばの選び方ですが、コスパ重視の方はアトピスマイルから。

コスパは気にしないから本格的にケアしたいという方はロベクチンから試してみるのも良いかもしれません。

どちらも公式サイトにはお得な購入情報も載っていますので、ぜひご覧になってみてくださいね。

⇩⇩お得なキャンペーン中のアトピスマイル公式サイトはこちら

【アトピスマイル クリーム】

ロベクチン
公式サイト↓

r

あわせてお読みください: