アトピスマイルは手荒れケアにも使える?

アトピスマイルは手荒れケアにも使える?

アトピスマイルは、カサカサ肌、ゆらぎ肌など乾燥肌や敏感肌の人からの支持が多く口コミなどで良く見かけます。

わたしもそんな1人でして、顔の乾燥に敏感肌です。

さらに手荒れも起こしやすく、お仕事が清掃の仕事なので、1日の大半を水を使うんですが、手荒れ予防にはハンドクリームを塗って保護していました。

それでも酷い時はハンドクリームさえも塗れないので、薄ーい医療用のゴム手袋をはめて、その上からさらに市販のゴム手袋をはめてお仕事してますが、ムレて痒くなるし、赤くブツブツが出来てしまったり。。。

そこで、顔にも体にも使えるアトピスマイルを ハンドクリームとして使っても良いんではないかなぁと思って調べて見るとけっこうハンドクリームとして使ってらっしゃる方も多くいるんです。

アトピスマイルに配合されている、ライスパワーNo.11配は、肌の水分を保持する効果が認められています。

セラミドを増やす働きがあるからです。

ちなみに肌荒れをおこしている肌は、キメが荒くガサガサでセラミド不足の状態なので、水分を保つ力が弱くなっているんです。

その状態が続くとドライスキンとなり肌内部から水分が蒸発していまいます。

するといろんな刺激に敏感になり、外部からの刺激物が侵入しやすくなって肌荒れしたり、湿疹やアトピー性皮膚炎になったりすることもあるんです。

そんなドライスキンや乾燥肌でお悩みのあなたには、その場しのぎのケアを続けるのではなく、根本から肌本来の力(皮膚水分保持能)を見直すことが必要ですよ。

いろんな刺激に負けない肌へと導くケアを提案をしているのがアトピスマイル。

だから、使い続けている方が多いんですー納得!です。

なので、アトピスマイルを顔にも、手荒れにも体にも使い続けていく事で、潤うわけです。

ライスパワーNo.11の効果で、角質層を越えて直接作用します。

水分を保つ機能をつかさどる「セラミド」を体の内から増やしますよ。

セラミドが増えると細胞が健康になって、お肌自体で正常に水分を蓄え、しっかりとしたバリア機能を築きます。

するといろいろな外的刺激からのダメージを防ぎ健全な肌になるわけです。

肌の薄い顔にも使えるアトピスマイルが手に使えるのは当たり前とも言えます。

さらにメイン成分のライスパワー11の効果を見ると手荒れにも良いのがよく分かります。

私が1つ気になった点はアトピスマイルに香りがあるかないかでした。

しかし調べて見ると無香料でしたよ。

お仕事はもちろん主婦で小さな子供を持つわたしには、香りがついていると家事がしにくいので、安心して使えるのもうれしい所です。

というわけで、早速、手の甲にも足や肘、膝、腕にも、顔にも使ってみています。

潤いアップで顔も手も体もすべすべになってきていますよ。
アトピスマイルクリームの効果と気になる口コミ

潤いが欲しい方、手荒れにお悩みの方も、アトピスマイルを1度試して見ると良いです。

公式サイト↓
ライスパワーショップ

atopismailej

u