アトピスマイルは顔のカサカサ乾燥にもよい?

アトピスマイルは顔のカサカサ乾燥にもよい?

ライスパワー№11という注目されている成分が配合されている「アトピスマイル」は、肌内部の水分保持機能の改善が期待されます。

水分保持されることで、アトピーの辛い症状が改善されると話題になっています。

アトピーは、根治しない皮膚疾患と言われていますし、医師から処方された薬でも対処療法のみで「治す」治療ではなく「一時的に改善させる」治療が行われています。

そのアトピー肌を、アトピスマイルを使うことで改善できると言われているのですから、嬉しいですよね。

報道番組でも特集されたこともあり、とても注目されていますが、アトピスマイルクリームは顔にも使えるのでしょうか?

アトピスマイルは、全身用に使える保湿クリームとして販売されています。

顔用ではないので、顔には使えないかもしれないと思われている方も多いかもしれませんね。

しかし、特に冬場など空気が乾燥している季節は、体だけでなく顔も乾燥が気になりますし、メイクのりも悪くなりますよね。

化粧水や乳液などを使って保湿対策をしてみるものの、効果はあまりなく、乾燥してしまうという方も多いと思います。

そのような方には、アトピスマイルクリームをオススメします。

アトピスマイルの口コミでも人気ですし、私も実際、顔にも体にも使って満足しています。

アトピスマイルを顔へ使用することについて、メーカー側も問題ないとしているので安心して使って大丈夫ですよ。

しかし、どなたでも使えるというわけではありません。

アトピスマイルクリームは、全身用に作られたクリームで、油分が多く配合されています。

ですから、脂性肌の方がメイク前にアトピスマイルクリームを顔に使用すると、べたついてしまい、ファンデーションなどがうまく乗らない可能性も出てきます。

顔に使用したいけれど、実際に塗ってみたらべたついて化粧乗りが悪くなったという場合は、朝の使用は控え就寝前の夜に使用すると良いですよ。

私の知人でアトピーで乾燥肌の方がいるのですが、この方はメイク前に塗ることで、ベタベタすることなく潤いがアップしファンデーションの乗りがよくなったと聞きました。

このように、肌質によって同じものを使っても効果の現れ方は異なるので気を付けてくださいね。

また、アトピスマイルクリームは、日焼けしたあとの肌のバリア機能修復にも効果的と言われています。
アトピスマイルクリームの効果と気になる口コミ

紫外線で肌がカサカサに乾燥してもアトピスマイルクリームを塗っていることで、早い段階で顔も潤い肌が元気になります。

アトピスマイルクリームを肌質に合わせて上手に使用することで、肌内部の水分を保持しアトピーの改善を始め、年齢肌解消やシミの改善、小じわの改善など、幅広いケアにお役立てください。
公式サイト↓


アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

us

あわせてお読みください: