アトピーケアにオロナイン軟膏を使うとよくないの?

アトピーケアにオロナイン軟膏を使うとよくないの?

オロナイン軟膏、きっと使ったことがあるという方が多いと思います。

私も実家には常備されていて、擦り傷など、ちょっと気になる時は子どもの頃よく使っていました。

肌のちょっとしたトラブルに良いというイメージを持って私は育ちました。

一家に1つ常備するものというイメージです。

さて、このオロナイン軟膏は、アトピーにも使って良いのでしょうか。

もし可能でしたら、便利な軟膏ですし子どもの頃から使っていた親しみもあり使いやすと思って調べてみました。

まず公式サイトを見てみると、ニキビ、吹き出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくもに良いと書かれています。

反対に、湿疹(ただれ、かぶれ)や化粧下、虫刺されには使用しないように書かれています。

オロナイン軟膏には、クロルヘキシジングルコン酸が入っていて、この成分は主に殺菌・消毒の作用があります。

またラウロマクロゴールという止血成分も入っていて、これは界面活性剤で、皮膚に必要な皮脂膜も洗い流してしまう可能性があると言われています。

皮脂膜が失われると、肌は外部からの刺激やアレルゲン等から守るためのバリア機能が低くなり、かゆみや炎症が起こりやすくなります。

洗浄力が強すぎる界面活性剤は、アトピーを悪化させる原因になるということです。

ですから、オロナイン軟膏はアトピーと相性が悪いと考えられます。

皮膚には、常在菌が存在し、それらの菌が絶妙なバランスを保ちながら皮膚のバリア機能を高めているのですが、クロルヘキシジングルコン酸が、それらの菌も殺菌してしまい皮脂膜やグリセリン、脂肪酸などでバリア機能が高くなっていた肌は崩れて炎症を起こして痒みが出たり、感染症にかかる可能性も高まります。

もう1つ、保湿する成分も入っていませんし、アトピーの痒みをケアする成分も入っていないので、使っても良い変化は実感できないと思います。

子どもが、あかぎれで私の親が、オロナイン軟膏を使うように言うので、私も当たり前のように使ったのですが、一向によくならず皮膚科に行くと、普通の肌の人ならばよくなるかもしれないけれど、アトピー肌の人は使うと余計によくないこともあるから、気になる時は皮膚科を受診するように言われました。

ステロイドも入っていませんし、安心して使えると思ったのですが、アトピー肌との相性はよくないということがわかりました。

では、アトピー肌の人は、いつも皮膚科から処方されたものしか使えないのかと思ったのですが、そうでもありません。

アトピスマイルクリームでしたら、肌の保水機能を高めてくれ成分が入っています。

それにアトピー肌のケアに向いているクリームなので、我が家でも使ってみたいと思いますし、気になる方は試されてみてはいかがでしょうか。

アトピスマイルの全て!口コミ効果の噂は本当?アトピー・乾燥肌でも潤いアップ?

⇩⇩お得なキャンペーン中の公式サイトはこちら


アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

Us

あわせてお読みください: