毛細血管拡張症(赤ら顔)の原因と対策

毛細血管拡張症(赤ら顔)の原因と対策

赤ら顔という言葉を聞いたことがありますか?

顔の広範囲、または頬や鼻などが赤くなる状態のことを、こう呼びます。

赤ら顔の症状が起こる原因5つについて解説していきます。

1つ目は、皮膚の薄さです。

毛細血管は、普通皮膚の表面から見えません。

しかし皮膚最上部の表皮が薄いと透けて見えてしまいます。

このことから、皮膚が薄いと、赤く見えてしまい、鼻や頬などの皮膚は薄いので、赤くなりやすいと言われています。

2つ目は、気温や体質などにより、毛細血管が拡張することです。

皮膚の毛細血管は、血管を拡張と伸縮させることで、外気温に合わせて温度を一定に保つ働きをします。

拡張と伸縮を繰り返し、毛細血管は収縮力が低下し、皮膚の温度を下げないように拡張していた毛細血管は拡張したままとなるので、寒暖の差で顔が赤くなるのです。

他にも、生まれつき毛細血管が多かったり体質で拡張する人もいます。

3つ目は、ニキビによる炎症です。

ニキビの中でも、炎症を伴うニキビの場合、この炎症は血管を拡張させるため、ニキビのある周りの皮膚は赤くなります。

ですからニキビが治ると、赤みも消えるのが一般的です。

しかしニキビが治らないうちに新しいニキビができると、ニキビによる炎症も起こるので、皮膚の炎症は治まらない状態が続いてしまいます。

このことが続くと、真皮や皮下組織に色素沈着し、赤ら顔になってしまいます。

それだけでなく、肌質により、ニキビが治っても長期的に赤みが続くこともあるのです。

4つ目は、皮脂による炎症(脂漏性皮膚炎)です。

皮脂が過剰に分泌されると、余分な皮脂が肌の上に溜まり、空気に触れると酸化しやすい状態になります。

酸化した皮脂と皮膚の常在菌が反応を起こすと炎症が起こり赤くなってしまいます。

ニキビを伴うこともあり、赤みは更に増します。

多くは鼻や鼻の脇など皮脂の分泌が多いところに起こりやすいです。

5つ目は、アルコールや香辛料、薬などの過剰摂取によるものです。

毛細血管を広げる作用のあるアルコールや刺激の強い香辛料などを摂り過ぎることで、血流が滞り血液が溜まりやすくなります。

他にもアトピー性皮膚炎のステロイド外用薬など、薬の副作用で血流が滞り赤みが出ることもあります。

いかがでしょうか。

赤ら顔には、生まれつきであったり、加齢などが原因に考えられることもあります。

自分の赤ら顔の原因をきちんと知ることから始めると良いですね。

◆赤ら顔の改善に体の内側から効果!と口コミで人気なのが、乳酸菌サプリのカルグルトです。
カルグルトの効果!人気の理由と気になる口コミ
赤ら顔やニキビに効果の特殊な乳酸菌LFKが含まれていますよ。

便秘にも良いですし腸内フローラを整えて菌活にもなるので飲んでみてください。
公式サイト↓
カルグルト