自分でアトピーを改善できる対処方法

アトピーを自分で改善できる対処方法についてです。

前回は、アトピーの原因について書きましたが、
今回は自分でアトピーを改善できる対処方法です。

単に皮膚の表面をきれいにするのでは、
完治は見込めません。

本当に大切なのは、人間の持つ機能を正常にすることで、
過敏な防御反応をストップすることです。

正常な人の体温は、腋の下で36.5度、
体内温度37度に保たれます。

このように生体の内部や外部の環境因子の変化にかかわらず、
生体の状態が一定に保たれるという性質や状態のことを、
恒常性の維持(ホメオスタシス)といいます。

またこの性質は、体温・血圧・体液の浸透圧や
pHなどをはじめ、病原微生物やウイルスといった
異物(非自己)の排除、創傷の修復など
生体機能全般に及びます。

まずこの体温を保つことが、
新陳代謝や正常な器官の働きにとても重要なのです。

体を冷やしすぎたり、冷たいビールや
アイスなどをたくさん摂らない、
適度な運動で筋肉の量を減らさないなど
新陳代謝を高めるようにします。

また、消化の悪いたんぱく質である肉・牛乳や卵を
控えめにし、魚・米や大豆などの
消化しやすいたんぱく質を採りましょう。

あわせて、腸内環境を良くすることで
消化されなかったたんぱく質を
排出しなくてはいけません。
アトピーと腸内細菌の関係

そうすれば肝臓・腎臓の機能がよくなり、
解毒能力が高まって丈夫な皮膚をつくることができます。

また、基本的なことですが睡眠と食事も大切です。
人間は午後11時〜午前2時の間に成長ホルモンが出ます。
この時間帯で1兆個の細胞がつくりかえられます。

そして朝起きたら、一杯のぬるま湯を飲み、
きちんと朝食を採りましょう。

このリズムをつくることで
スムーズな排便にもつながります。

アトピーをきっかけに
生活を見直すと、いろいろなものが
改善できるかもしれませんね。

★私も昔はアトピーで乾燥肌でいつも
体や顔がかゆくてかきむしっていましたが
食事に注意して生活習慣も気をつけて
スキンケアも無添加で優良なものに変えてから
すっかり綺麗な潤いがある肌に回復しています。

今でも、不摂生するとかゆくなることは
たまにありますが、いつも手元に常備している
強力な保湿スキンケア商品の「みんなの肌潤糖」の
おかげで、すぐにかゆみも改善して
お肌も潤って快適になっています。
体験記事→みんなの肌潤糖でアトピー改善
みんなの肌潤糖は、保湿力が強いのでバリア機能の修復も
早くてかゆみも改善して黒ずみも薄くなりました。
公式サイト→無添加アトピーケア、保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』
DSC_0564

あわせてお読みください: