肌花粉症の肌荒れ対処法

肌が荒れる肌花粉症の対処法についてです。

花粉症のシーズンがやってきました。

花粉症と言えば、鼻水、鼻詰まり、くしゃみ、目や喉の痒みなどがありますが、肌がかぶれたり荒れてしまうといった症状もあります。

この季節はまだ空気が乾燥していますし、紫外線量も増えてくる時期です。

肌も乾燥しがちでバリア機能が低下して、とても敏感になっています。

このような時に花粉症を発症すると体全体にアレルギースイッチが入り、それが皮膚のアレルギー症状を引き起こし、肌がかぶれたり荒れてしまうのです。

アレルギーが原因の皮膚炎で、「肌花粉症」「花粉皮膚炎」「アレルギー皮膚炎」などと呼ばれています。

普通、ウイルスや細菌やホコリ、花粉などが体内に侵入すると、免疫システムが働き、それらの異物を体外に出そうとしてくしゃみや鼻水がでます。

花粉症の場合は、このシステムが過剰に反応することで目の痒みやくしゃみ、鼻水などによって花粉を排出しようとしている状態です。

肌花粉症の場合は、皮膚の弱い、薄いところにアレルギー症状が現れます。

目の回りや乾燥しやすい頬などの部分が粉っぽくなっていたら、要注意です。

春先は風が強いことも多く、空気中には花粉やほこりが舞い上がって、肌には過酷な状態が続きますので、十分な保湿を心がけて毎日丁寧にスキンケアしていくことが大切なのです。

肌花粉症だな、と感じたときの対処法を紹介します。

まずは体内に花粉が取り込まれないようにマスクをしましょう

そして、外出するときには花粉が直接肌につかないようにメイクで防御しますが、厚塗りの必要はありません。

乾燥肌やニキビでも大丈夫で紫外線対策もできる無添加のミネラルファンデーションなど、肌への刺激のないやさしいファンデーションを選びましょう。

例えばエトヴォスのミネラルファンデーションは、アトピーでもニキビでもトラブル肌でも安心して使えます。
石鹸で簡単に洗い落とせるのもメリットです。
【ミネラルファンデーションお試し3点セット】

帰宅したら、まずは玄関前で服などをはたいて花粉を落としてから家に入り、すぐに洗顔をします。

ここでの洗顔は、とにかくついた花粉を洗い流すことなので、洗顔料などは不要です。

入浴後には化粧水、乳液、クリームなどでしっかり保湿するのですが、この時期はとくに保湿力の高い化粧品を使うようにします。

例えば、どんな肌質でも安心でトラブル肌でも潤い肌に導いてくれるオラクル化粧品などはおすすめです。
一番好きな基礎化粧品です。
潤ってハリと透明感が出てきますよ。
公式サイト→まずは一週間!『オラクル トライアルキット』

肌のカサカサが酷い時は、洗顔後にみんなの肌潤糖でマッサージすると、強力な保湿力で潤いを回復してかゆみも軽減します。
無添加アトピーケア、保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

肌花粉症がやや重症化して痒みがひどいときは、市販の花粉症薬も役立ちます。

肌の痒みを抑える作用もあって便利なのですが、ここまで症状が重くなっているときはなるべく早く皮膚科を受診して適切な治療をしてもらうようにしてください。

また、部屋が乾燥していると静電気で花粉を身の回りに集めてしまうこともあるので、エアコンの使用などで部屋が乾燥しているときは加湿器を上手に活用しましょう。

しっかり花粉症対策をして、憂鬱なこの季節を乗り切ってください。

あわせてお読みください: