肌のくすみタイプ別改善法

肌のくすみタイプ別改善法についてです。

肌のくすみは、血行、代謝、加齢、乾燥、紫外線など様々な原因によっておこります。

肌のくすみは、タイプを考えて原因にあったケアで改善していきましょう。

タイプとしては紫外線くすみ肌、汚れくすみ肌、血行不良くすみ肌、乾燥くすみ肌、毛穴くすみ肌、老化くすみ肌、の6タイプが考えられます。

●顔が日焼けしたように黒ずんでいたり茶色く見える人は紫外線が原因のくすみです。

紫外線対策は春夏限定で他のシーズンはしない人や・タバコを吸う人、緑黄色野菜や果物をあまり摂らない人などは、このタイプのくすみと考えられます。

紫外線は1年中降り注いでいるので、UVケアを怠るとメラニンが生成され、シミやくすみになります。

それに加えてビタミンCを破壊するタバコをよく吸ったり、ビタミン豊富な野菜などを取らないことによって、メラニンの生成はどんどん促されます。

1年中しっかり紫外線対策をして、ビタミンCが豊富な野菜や果物を摂ってバランスの良い食事を心がけることです。

タバコを吸う人は禁煙することがこのタイプの対策になります。

●次に汚れくすみ肌ですが、これはクレンジングが不十分だったり洗顔料をきちんと落とし切れてなかったり、化粧したまま寝てしまったり、といった人が陥るタイプです。

化粧汚れや皮脂などが肌にたまってくすんでしまうのです。

対策は化粧汚れをしっかりと落とすことで、ポイントメイクも面倒がらずにきちんと専用のクレンジングで落とし、洗顔料もしっかり落とし切ってから肌の保湿ケアをしましょう。

血行不良くすみ肌は冷え性の人、むくみがち、便秘がちの人に多く見られます。

肌の表面が冷たくて色は青黒い感じに見えます。

改善法は血行を良くすることに尽きますので、軽い運動や入浴で血行を促したりマッサージで血流改善したり、体が冷えないように気をつけましょう。

睡眠をしっかり取ることも大切です。

便秘も血行が悪くなったり、リンパ液が滞ったりする原因になりますので、便秘をしないようにするためにも、適度な運動は効果的です。

●そして、乾燥くすみ肌の人は、肌がカサカサ乾燥していて白い粉を吹いたようになっていたり細かいシワの多い人です。

肌は白くても肌色に透明感がないのがこのタイプの人の特徴です。

頻繁に洗顔したり、ゴシゴシ洗う、またはタオルでゴシゴシ拭くといったことは避け、洗顔後はすぐに化粧水でしっかり保湿します。

乾燥シーズンは加湿器の利用もおすすめです。

毛穴くすみ肌は小鼻や頬、額が黒ずんでいるタイプの人です。

皮脂分泌が多めでニキビができやすく、毛穴汚れのケアを怠りがちな人に多く見られます。

皮膚の毛穴が開いてそこに皮脂や化粧汚れが溜まると、黒にきびやくすみが生じるのです。

改善法は、蒸しタオルを使って毛穴を開いてから洗顔し、洗顔後は化粧水で保湿して、冷たいタオルを当てて毛穴を引き締めるとよいです。

このタイプの人には、毛穴引き締め効果のある化粧水や美容液などの利用もおすすめです。

●老化によって肌の再生能力が落ち、肌のターンオーバーが正常に行われなくなると古い角質が残ってしまい、老化くすみ肌になります。

シワやたるみが気になり、肌が固く、薄茶色になっているタイプの人です。

改善法はアンチエイジングケアでターンオーバーの遅れを取り戻すこと。

皮膚の代謝を活発にするビタミンAやカロチン、ポリフェノール、ビタミンCなどの抗酸化力の高い栄養を含んだ食品(野菜など)を積極的に摂りましょう。

美肌成分をたっぷり含んだ美容液などで、肌からも栄養を補給し、肌のターンオーバーが正常に行われるようにケアします。

★簡単お手入れで人気のオールインワン化粧品では
HANAオーガニックのムーンナイトミルクは、女性ホルモンの調整をしてくれるダマスクローズ配合でくすみを改善して美白効果があると人気です。

★ライン使いの基礎化粧品ならオーガニックで無添加のオラクル化粧品が美白効果も高いです。
ローズ水などいろいろ配合でくすみを改善して美白効果があります。
レビュー→ オラクル化粧品の美白効果

プラセンタサプリメントも効果的ですので、肌のハリや潤いや美白効果を感じるプラセンタのヴィーナスプラセンタEXなどを利用してみるのもいいでしょう。
ヴィーナスプラセンタEXの口コミ評価レビュー!他のプラセンタサプリとの違いは何?

★そして、どのタイプのくすみでも二十年ほいっぷ(洗顔石けん)を使うとくすみが消えて明るい美白肌に導いてくれます。
体験レビュー→くすみ専用の洗顔石けんの二十年ほいっぷの体験

保湿効果が高く普通の洗顔料では除去できない角質層のくすみも消してくれるので、肌がワントーン明るくなるのを実感できます。
私も一番お気に入りの洗顔石けんです。
公式サイト→くすみをなくす『二十年ほいっぷ』

あわせてお読みください: