新しいヒフミドで保湿力がさらにパワーアップ

新しいヒフミドで保湿力がさらにパワーアップ!と口コミでも評判です。

肌の保湿に欠かせないセラミドは、年齢と共に減少していきます。

赤ちゃんの時がピークで、セラミド分泌量がどんどん減っていってしまうのです。

セラミドは角質層の細胞の間でスポンジのような役割を果たし、水分と油分を抱え込んで肌に潤いを与えているもので、肌の角質層の細胞間にある脂質成分のうち約半分を占める重要な成分です。

肌の水分を逃さない保水機能と外部の刺激から肌を守るバリア機能を担う、重要な役割を果たす成分なのです。

このセラミドが不足すると肌の乾燥が進み、肌のバリア機能低下や肌老化の原因になり、外部刺激のダメージも受けやすくなってしまいます。

そこで、セラミド入りの化粧品を活用するというわけなのですが、どれも同じ効果があるとは言い切れません。

セラミドにはいくつか種類があって、化粧品によって配合されているセラミドの種類に違いがあるからなのです。

セラミドの中でも「天然型ヒト型セラミド」はヒトの肌にあるセラミドと同じ構造で、合成セラミドよりも肌馴染みがとてもよくなります。

これに着目して開発されたのが小林製薬の「ヒフミド」です。
ヒフミドトライアルセット

「天然型」とは天然セラミドに似せた構造で作られたもので、ヒトの毛髪や皮膚に存在する7種類のセラミドのうちの一つと同じ構造をしています。

「天然」のほうが効果もあるのですが、あえて「天然型」なのは、動物由来の原材料が非常に高価なうえ水に溶けないために化粧品としての製品化が難しいからです。

ちなみに、セラミドには合成セラミドというものもあるのですが、これは天然型ヒト型セラミドのようにヒトと全く同じ構造のセラミドがあるというわけではなく、100%化学的に合成されたものでセラミドの構造内のごく一部だけが似ているだけのものです。

他にも、合成疑似セラミドというものもあります。

ヒフミドに配合されている天然型ヒト型セラミドは、合成セラミドや合成擬似セラミドと比べても保水力が3倍以上になりますから、効果に違いが出てくるのです。

浸透力が高くて、もともと肌内部に存在したセラミドを補給してくれるようなものなので、肌は潤いを取り戻して弾力も生まれてきます。

従来の商品は天然型ヒト型セラミドであるセラミド2が配合されていたのですが、それに加えて「セラミド1」と「セラミド3」を配合し、さらに保湿力をパワーアップしたのが新しいヒフミドです。

乾燥がひどくなる時期や、シミやシワなどの肌老化が気になる人は、高い保湿力を誇るヒフミドをぜひ試してみてください。

朝のお手入れ時のしっとり感が夜まで続いて、保湿されているのを実感できます。
公式サイト→ヒフミドトライアルセット
hihumido1