敏感肌にBBクリームは大丈夫?

敏感肌にBBクリームは大丈夫でしょうか?

BBクリームは忙しい朝にはとても
便利で手放せなくなっている人も
少なくありません。

しかし、

BBクリームで肌が荒れてしまった、
肌がくすんでしまった、という声も時々聞きます。

クレンジングや洗顔の仕方が十分でない
場合もありますが、やはりBBクリームが
肌に合わない人も中にはいるのです。

たとえば、もともとアトピー体質であったり
乾燥肌や敏感肌、そしてニキビ肌の人などには
BBクリームは少々刺激が強いかもしれません。

ご存じのとおりBBクリームは
化粧下地・ファンデーション・
美容クリーム・紫外線カット・
コンシーラーなどが
ひとまとめになった高機能化粧品です。
0-05

様々な機能をひとつにまとめる、
つまり様々な成分をうまく
融合させるにはどうしても
合成界面活性剤に頼ることになってしまいます。

便利で高機能な化粧品ほど、
その特殊性ゆえに合成界面活性剤とは
切っても切れない関係になっている、
というのが現状なのです。

合成界面活性剤は強力な作用を持つので、
皮膚の保護膜にダメージを与える
ことになり結果として
肌が荒れてしまうのです。

また着色料としてタール系色素が
使われている場合は、色素沈着・
シミ・くすみなどの原因になる
場合もあります。

このようなことから、
デリケートな肌の人や
肌トラブルを抱えている人には
BBクリームはあまりおすすめできないのです。

それでも、自分にとって
忙しい朝にはなくてはならない必需品、
ということであれば、
肌に刺激を与える合成界面活性剤・
タール系色素・紫外線吸収剤・
パラベン(防腐剤)・合成香料・
鉱物油が使われていないものを
選ぶようにするとよいです。

BBクリームの性質を考えると
そんなものはないだろうと
思ってしまいがちですが、あるのです。
「桜花媛(さくらひめ)」という
日本製のBBクリームです。

先述した刺激を与える成分は
入っていないので安心して使えますし、
SPF30/PA+++なので
UVケアもしっかりしてくれます。
公式サイト→桜花媛ナチュラルBBクリーム

洗顔後、BBクリームを使えば
簡単にキレイにメイクできるので
肌トラブルのない丈夫な肌の人にとっては
BBクリームは本当に便利なのですが、
肌の弱い人はできれば避けて、
別の方法で肌をいたわりながら
時短メイクをしましょう。

敏感肌にぴったりな忙しい朝の時短メイク

敏感肌の場合の忙しい朝の時短メイクを
BBクリーム以外で考えると
低刺激のオールインワンタイプの
スキンケア化粧品と
石鹸でも落とせるタイプの
無添加ミネラルファンデーションの
組み合わせも良いです。

例えば、洗顔後にHANAオーガニックの
ムーンナイトミルク(朝も使えて保湿・
美白効果に優れています)で
肌を整えます。
↓その後
トラブル肌でも使えて
UVカット機能もある
エトヴォスの
ディアミネラルファンデーションという
無添加ミネラルファンデーションで仕上げる、
という組み合わせは最もおすすめです。

HANAオーガニックの
ムーンナイトミルクは、
バラエキスたっぷり
敏感肌でも潤って美白してくれる
オールインワンタイプのアイテムです。
レビュー→無添加オールインワン化粧品のムーンナイトミルクの口コミ

ディアミネラルファンデーションは
石鹸で洗い流せるほど肌にやさしいので、
デリケートな肌やトラブルを
抱えている敏感肌には
BBクリームよりはるかにおすすめできます。
体験→無添加ミネラルファンデーションでツヤ肌体験

あわせてお読みください: