敏感肌でも安心な肌荒れしないクレンジング方法

敏感肌の方は、普通肌の方よりも
皮脂の分泌が少なく、乾燥しがちです。
その上、クレンジングや洗顔料の
洗浄力の強いものを使用すると
さらに肌が乾燥してしまいます。
そこで、敏感肌の方でも安心して
できるクレンジング方法をまとめました。

まず、クレンジングのタイプ別では
どれがおすすめなのでしょうか。

クレンジング剤には、コットンで拭き取るタイプ、
オイルタイプ、泡タイプ、
クリームタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプ
などが販売されています。

敏感肌の方は、
拭き取るタイプのクレンジングは
肌に刺激を与えてしまいますので
使用を避けましょう。

また、泡タイプのクレンジングは、
洗顔料で自分で泡立てるものとは違い、
泡の状態で出て来ますよね。
つまり、合成界面活性剤がたくさん
入っているということになりますので、
刺激が強いため、おすすめできません。

従って、洗い流せるクリームタイプや
ミルクタイプやジェルタイプなどが
刺激が少なめでおすすめです。

なお、オイルタイプはクレンジング力は強いですが
刺激が強いので通常は避けた方がいいです。

また、最近は合成界面活性剤を
使用していないクレンジング剤も
発売されていますので
軽いメイクの場合は、そちらを使用すると、
肌への負担が抑えられます。

メイクの濃い部分には、コットンに
クレンジング剤を含ませ1分ほど軽くのせると
自然に浮いて来ます。決して
ゴシゴシとこすらないようにしましょう。

次に、クレンジング方法のコツですが、
どんなに肌に優しい成分であっても、
洗浄力があるということは多少なりとも
肌に刺激はあります。

ですから、クレンジングは
短時間で終わらせることがコツです。

短時間で素早く終わらせるには、
クレンジング剤を手に取ったら、
少し体温で温めます。
温めることで、肌とメイクへのなじみがよくなり
こすらずに、さっと洗い流すことができます。

クレンジング剤を塗布するパーツにも気をつけましょう。
まずTゾーン、そしてUゾーンに塗布し、
目元や口元などのデリケートな部分は最後にしましょう。

すすぐときは、ぬるま湯ですすぎます
熱過ぎると乾燥を招くので
水に近い温度が最適です。

クレンジングを手早く終えたら、
洗顔をしっかり泡立てて、
こすらずにやさしく洗顔し、
すぐに化粧水や乳液で保湿をしっかりしましょう。

★なお、敏感肌やアトピーの場合、
クレンジングで一番安心できて
きれいに落ちてお肌に優しいと感じたのが
オラクル化粧品のクレンジング(メイク落とし)です。
合成界面活性剤など無添加です。
オラクル化粧品のメイク落としの体験
ミルクタイプなので使いやすいです。
メイク落としだけでなく化粧水や
美容液など人気7品目を格安で
お試しできるので敏感肌やアトピーの方は
ぜひ、試してみてくださいね。
公式サイト→まずは一週間!『オラクル トライアルキット』

あわせてお読みください: