季節によるアトピー対策

アトピーには、様々な要因が
複雑に組み合わさって発症すると
住環境や生活環境の項でご紹介しました。

住環境や生活環境にさらに複雑に絡み合って
アトピーを悪化させるのが季節変化です。

1年通して気温や湿度が同じ国ならまだしも、
日本の場合は四季があり、
気温の変化や湿度の変化が
数ヶ月ごとに激しく変化していきます。

そのため、アトピーもそれに合わせて
対策をしなければなりません。
そこで、今回は4つの項目に分けて
それぞれ季節ごとのアトピー対策をご紹介致します。

1 春の対策
まず、春は一般的にアトピーが悪化する方が多いです。

その原因は、花粉や黄砂、そして
環境の変化によるストレスです。
アトピー体質の方は他のアレルギー、
例えば花粉症や化学物質過敏症、
食物アレルギーなども併発されている方が多いですよね。

そのため春は、花粉や黄砂がアレルゲンとなって
皮膚に炎症を起こし悪化しやすいとされているのです。

そこで、春の対策は「花粉症対策」と
同様の対策をしましょう。
マスクを装着する、衣類は玄関で
はたいてから家に入る。
帰宅したら顔や手を洗う
衣類はなるべく部屋干しし、
花粉がつかないようにする、などの方法があります。

また、春は新生活のスタートの時期でもあります。
新生活によるストレスが原因で
悪化する場合も多いですので、
ストレス対策もしましょう。

2 夏の対策
夏もアトピーの状態は悪くなりやすいです。
その原因は紫外線と汗です。

汗をかくこと自体は、体内の
老廃物を排出する行為ですので良いのですが、
汗をそのまま放置しておくと痒みが出て来ます。

汗をかいたら、なるべく早く
シャワーを浴びて流すことです。
シャワーが無理であれば、
水で濡らしたタオルで汗をふきとりましょう
そして、夏でも下着はつけて
汗を吸収させることが大事です。

また、紫外線は皮膚のバリア機能を破壊します。
しっかり紫外線対策をしましょう。

3 秋の対策
秋はアトピーの方にとっても
最も過ごしやすい季節です。

しかし、運動会や遠足など
汗をかきやすいイベントも多いですよね。
夏と同様に汗のケアを怠らなければ悪化せずにすみます。

また冬に向けて急激に気温が下がり始めますので
乾燥対策が必須です。この時期にしっかり
保湿して皮膚のバリア機能を強化し、
冬に備えましょう。

4 冬の対策
冬はとにかく乾燥します。
暖房器具などでも肌が乾燥し、
アトピーが悪化しやすくなりますので
スキンケアは保湿剤がメインになります。

ヒアルロン酸やアミノ酸、セラミドなどの
皮膚のバリア機能を正常に戻す
働きのある成分を補給しましょう。

また、四季の中でも冬が一番悪化するという方は、
新陳代謝が悪く糖分を体に溜め込みやすい体質の方です。
対策としては、ぬるめのお湯につかり
血行を良くすること甘いものを控えることです。

そしてどの季節でも肌のバリア機能を
修復する保湿スキンケアが大事です。

★私も昔はアトピーで乾燥肌でいつも
体や顔がかゆくてかきむしっていましたが
食事に注意して生活習慣も気をつけて
スキンケアも無添加で優良なものに変えてから
すっかり綺麗な潤いがある肌に回復しています。

今でも、不摂生するとかゆくなることは
たまにありますが、いつも手元に常備している
強力な保湿スキンケア商品の「みんなの肌潤糖」
おかげで、すぐにかゆみも改善して
お肌も潤って快適になっています。
体験記事→みんなの肌潤糖でアトピー改善
みんなの肌潤糖は、保湿力が強いのでバリア機能の修復
早くてかゆみも改善して黒ずみも薄くなりました
公式サイト→無添加アトピーケア、保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』
DSC_0564

あわせてお読みください: