夏のアトピー悪化でかゆみと乾燥がひどい場合のケア

夏はアトピーが悪化しやすい季節です。
アトピーが悪化し、痒みと乾燥がひどい場合は
どのようなケアが適切なのでしょうか。
その原因を挙げていき、
そして対策とケア方法をご紹介していきます。

まず、夏のアトピー悪化原因といえば、紫外線です。
普通肌の方もアトピー肌の方も同様に、
皮膚に炎症という「ダメージ」を受けて
免疫力が低下しやすくなります。

アトピーはもともと
肌に炎症を起こしている状態ですから、
紫外線によってさらに炎症が悪化してしまいます。
また、紫外線は肌を酸化させます。
酸化により、活性酸素が発生し、
肌のターンオーバー(新陳代謝)を遅らせます。

そうなると、紫外線によって受けた
炎症の治りも遅くなってしまいます。
しかも、紫外線によってダメージを受けると、
それだけではなく、皮膚のバリア機能や
水分保持機能まで低下してしまいます。
それによって肌が乾燥してしまい、
カサカサ肌で痒みが出て来てしまうのです。

次に汗です。
夏は汗をよくかきますよね。
アトピーの場合、汗自体が刺激になります。
また、汗で皮膚の常在菌が繁殖し、
アトピーが悪化してしまいます。
さらに、汗で衣類が濡れることでも悪化します。
衣類に残っていた洗剤や柔軟剤の成分
皮膚にくっついてしまい、刺激となってしまうのです。

そしてエアコンです。
エアコンによる乾燥で皮膚表面の水分が奪われ、
カサカサ肌になり、痒みが出て来ます。

このように夏のアトピー悪化には、
大きく3つの原因があります。
対策は紫外線対策がメインです。
日焼け止めクリームも塗りながら、
帽子、UV手袋、UVストールなどで
紫外線を防御しましょう。

また、夏場の洗濯物は
無添加の洗剤に変えると良いです。
すすぎを念入りにし、
柔軟剤が衣類に残らないように
十分に気をつけましょう。

ちなみに私は柔軟剤は使っていないです。

そして、
エアコンは温度を下げすぎないことです。
外気温との差を5度までに抑え
扇風機と併用するなど工夫をしましょう。
エアコン稼働中は長袖を着用し、
肌表面が乾燥しないように防ぐことも
効果的です。

汗対策とケアは、
まず、汗をこまめにふくことです。
なるべく水に濡らしたタオル
汗を綺麗に拭き取りましょう。

水にぬらせないときは、そっとおさえて
ふくようにして、絶対にこすらないで下さい。
また、かゆみは保冷剤で抑えると効果的です。
アイスノンでも良いですし、
簡易的にケーキなどについてくる
保冷剤を使用しても良いでしょう。

小さめの保冷剤をいくつか使うと
便利です。

また、アトピーの乾燥肌には、
お風呂上がりの保湿は非常に大事です。
暑い夏場は、塗り心地がべとつくのが
嫌で塗らない方や、塗り忘れる方も
多いので注意しましょう。

化粧水で水分を補給し保湿クリームなどで蓋をすることです。
そして普段のケアも忘れず継続しましょう。

★私も昔はアトピーで乾燥肌でいつも
体や顔がかゆくてかきむしっていましたが
食事に注意して生活習慣も気をつけて
スキンケアも無添加で優良なものに変えてから
すっかり綺麗な潤いがある肌に回復しています。

今でも、不摂生するとかゆくなることは
たまにありますが、いつも手元に常備している
強力な保湿スキンケア商品の「みんなの肌潤糖」
おかげで、すぐにかゆみも改善して
お肌も潤って快適になっています。
体験記事→みんなの肌潤糖でアトピー改善
みんなの肌潤糖は、保湿力が強いのでバリア機能の修復
早くてかゆみも改善して黒ずみも薄くなりました
公式サイト→無添加アトピーケア、保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』
DSC_0564

あわせてお読みください: