乾燥肌で肌が痒い時に薬を使わずにかゆみを軽減する方法

乾燥肌の方は秋冬になってくると
特に肌がカサつき、かゆくなることが多いですよね。

肌が乾燥すると、外部刺激を受けやすくなり、
例えば髪のチクチク、衣類の擦れ、下着のしめつけなど
ちょっとした物理的刺激でもかゆみを感じてしまいます。

季節的なこともあり薬を使うまでもないと感じている方や
幼い頃アトピーであったけれど、大人になりほとんど治り、
乾燥する季節だけかゆみが出るという方も多いです。

しかし、このまま放置しておくと、
かゆみによって睡眠不足や、
ストレスを引き起こす可能性もありますよね。

そこで、薬に頼るほどではないけれども、
できることならかゆみをなんとかしたいという時に、
かゆみを軽減する方法をご紹介したいと思います。

まず、一つ目の改善方法は、
実践することはなかなか難しいのですが
一番簡単な方法です。
なるべく掻かないようにすることです。

かゆい時に掻くとかゆみもおさますし、
スッキリしますよね。

しかし、肌の表面を傷つけ、肌荒れを起こし、
ちょっとした刺激でも敏感になりますし、
皮膚を引っ掻くこと自体も刺激になり、
さらにかゆみが生じるという、
悪循環が起こります。

ですからなるべく掻かないようにしましょう

しかし、そうは言っても、
かゆみがあるので辛いですよね。

そこで二つ目の改善方法です。
肌の保湿をしっかりすることです。

保湿というと化粧水やクリームで
水分を補給し肌に水分を閉じ込める
スキンケアをすることなのですが、
それだけでは乾燥肌には不十分です。

乾燥肌の方の保湿ケアのポイントは入浴時です。
入浴時は、お湯につかりシャワーを浴びると
肌が潤っているように錯覚しますが、実は、
入浴時がもっとも皮膚を痛めるのです。

40度以上の熱いお湯だと
皮脂を奪ってしまい、もっと乾燥肌が悪化します。

また、肌の角質層は入浴に拠って緩み、
皮膚の天然保湿因子やセラミドが流れ出てしまい
乾燥してしまうのです。

しかし、角質層が緩んでいると言うことは
浸透力もUPしているいうことですので、
入浴時、入浴後には必ずしっかりと
保湿ケアをしっかりすることで、
日常的に乾燥を防いでいきましょう。

★入浴時に、私がよく使う保湿ケアが
みんなの肌潤糖でのマッサージです。
体験→みんなの肌潤糖でアトピー改善
保湿力が強いので潤って
かゆみも軽減するのですごく便利なのです。
無添加アトピーケア、保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

三つ目は、食生活の改善です。
乾燥に効果があるビタミンAを積極的に摂取しましょう。
ビタミンAが多く含まれる食品はレバーやうなぎです。
また、ビタミンAの前駆体であるβカロチンの豊富な
ニンジン、カボチャ、海草類もおすすめです。
ninjin

これらの方法でかゆみが軽減しない、
もしくは悪化してしまう場合は
ただの乾燥肌だけではなく、
他の皮膚疾患が潜んでいる場合も
考えられますので、早めに受診しましょう。

乾燥肌でもアトピーでもニキビ肌でも
正しい保湿スキンケアができると実感しているのが
口コミでも評価が高いオラクル化粧品です。
お試しセットでお得に試せます。
オラクル化粧品のお試しセットの体験

送料無料で後払いなのも簡単に注文できて良かったです。
公式サイト→まずは一週間!『オラクル トライアルキット』

私は、かゆみがある時は
みんなの肌潤糖でマッサージした後に
オラクル化粧品を使っています。

あわせてお読みください: