乾燥が原因の痒みには保湿が1番

乾燥が原因の痒みには保湿が1番です。

お肌が乾燥して痒くなる。
このような経験をした人は多いのではないでしょうか。
顔や手足など、様々なところがかゆくなってしまう。
アトピーのせいで乾燥してかゆくなってしまう。
痒みとともに湿疹が出来てしまう。
様々な乾燥と痒みがあります。

湿疹が出来るのも乾燥が影響しているのでしょう。
湿疹が出来ている場所は、乾燥により
バリア機能が低下していると考えられます。
なので、しっかり保湿して乾燥を防げば
湿疹もなくなり痒みも収まるでしょう。

保護するには、無添加のスキンケア用品がおススメです。
添加物がはいっているとさらに痒くなってしまう場合もあります。
自然素材のものなら、肌に優しく保湿出来て痒みも収まるでしょう。

これは個人的な意見なのですが、
病院などで処方されるワセリンはあまりお勧めできません。
ワセリンは肌の表面を保護するだけなので、痒みは改善されません。
それにワセリンは紫外線に当たると油焼けする可能性があります。
油焼けとは紫外線等で油が酸化して、色素沈着を起こすことを言います。
顔全体がくすんで見えては困りますよね。

痒みは温まるとさらに痒くなることがあるので、冷やすと和らぎます。
冬は冷やしすぎに注意してくださいね。
冷え性の原因になってしまいます。

寝ている時に無意識で掻いてしまう時は、
手袋をして寝るといいでしょう。
掻きすぎても手袋である程度防げます。

部屋が乾燥している時は肌も乾燥してしまうので、
部屋の加湿をしましょう。
加湿器がない時は、タオルを濡らして干したり、
お風呂を入れたままドアを開けても
加湿効果があるそうです。

食べ物でも保湿効果のあるものや
コラーゲンなどを積極的に摂るようにしましょう。
オリーブオイルや大豆製品、手羽先や豚足などがあります。
内側からも保湿していきましょう。

加湿や食べ物でもダメな時には、
保湿力の高い「みんなの肌潤糖」がおススメです。
しっかり保湿出来て、乾燥やアトピーも改善されます。
痒みともサヨナラです。

みんなの肌潤糖は無添加で天然成分100%なので、
赤ちゃんが舐めてしまっても安心です。
公式サイト→無添加アトピーケア、保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』
DSC_0564

自分でしっかり保湿対策をして、
カサカサ知らず痒み知らずの綺麗な肌を手に入れましょう。

あわせてお読みください: