メイクの崩れる訳とメイク直し法

メイクの崩れる訳とメイク直し法についてです。

メイクがすぐに落ちてしまう。
メイク直しの方法が分からない。
と言う人は、結構いるのではないでしょうか。

まずは、食事で肌質を改善させるといいでしょう。
皮脂の出やすいベタベタ肌の人は、
唐揚げなどの揚げ物類やポテトチップスなどの
油っぽいものは控えましょう。

油っぽいものを食べ過ぎると、お肌もべたついてきます。
べたつくとメイクも落ちやすくなってしまいます。

カサカサの乾燥肌の人は、
手羽先や豚足などのコラーゲンを多く含むものを食べましょう。
食べることで、保湿力を高めることが出来ます。
カサカサ粉吹き肌では、メイクも落ちやすいです。

ベタベタとカサカサが混じった混合肌の人は、
油っぽいものを控えながら
コラーゲンも摂るようにしましょう。

このように食事を見直すことも大切です。

あとは、汗をかき過ぎないようにしたり、
触りすぎないようにすることも大切です。
汗をかき過ぎると、汗と一緒にメイクも流れ落ちてしまいます。
触っていると、手で擦って落としてしまうことになります。

メイクする時のちょっとした工夫で
落ちにくくすることも出来ます。

まず、下地をしっかり塗った後に
リキッドタイプのファンデーションを塗ります。
その上に薄くパウダーを付けると良いでしょう。
濃くするとメイクが落ち始めたのが良く分かってしまいます。

ニキビ肌やトラブル肌の場合はリキッドタイプではなく
パウダータイプの無添加の石けんで落ちる
ニキビでも使えるミネラルファンデーション
使う方がきれいに仕上がります。

メイク直しの方法ですが、
最初に顔がベタベタしてないか見ます。
ベタベタしているようならティッシュ等で、
皮脂を取り除きます。
その後に、化粧水などを含ませた
ティッシュかコットンで優しくお肌の汚れを落とします。
ゴシゴシ強く擦る必要はないです。
余計メイクが崩れます。

汚れを簡単に落とした後は、
化粧水などを含ませたティッシュ等で保湿します。
保湿して乾いたら、パウダータイプの
ファンデーションを薄く塗れば良いです。

まずは食事から改善し、
崩れにくいお肌にしましょう。
そして、崩れてしまた時は
正しいメイク直しで綺麗を復活させましょう。

メイク用品も無添加でお肌に負担が少ないものを
選ぶようにするといいです。
具体例はこちらをどうぞ。
ニキビやトラブル肌に良い具体的な無添加化粧品は?

あわせてお読みください: