プラセンタエキスでアトピー改善

プラセンタエキスにはいろいろな効果があり、
日本胎盤臨床研究会という医師団体の研究によると、
その薬理作用は実に20種類もあるそうです。

その薬理作用の中で、
皮膚に関する作用もたくさんあります。
新陳代謝を活発にする、活性酸素を除去する、
血流を良くするなどが代表的な作用ですが、
その他にも抗アレルギー作用、抗炎症作用などがあり、
これが、アトピー性皮膚炎に効果があるのです。

アトピー性皮膚炎は、体内に侵入した
異物に対して白血球が抗原抗体反応をおこし、
それが過剰に働きすぎることで、
正常な細胞にまで攻撃を及ぼすことにより、
皮膚で炎症が起こる疾患です。
この過剰な反応はアトピーだけでなく
喘息も同じメカニズムで気管支に炎症を起こしますね。

プラセンタは、抗炎症作用と
抗アレルギー作用により白血球の働きを正常に戻し
また、血流改善作用や、活性酸素除去作用、
細胞活性化作用、自律神経系の調整、
免疫系の強化作用も同時に行うため、
いろいろな角度からアトピーを改善することができます。
いわば、プラセンタ一つで、
あらゆるアトピー対策を無理なく
同時に行っていると言えるのです。

どのようなメカニズムで改善していくのかというと、
アトピー患者の方は、ステロイド剤を
長期で使用されている方も多いですよね。
アレルギー物質であるヒスタミンが
かゆみの原因ですが、このかゆみを抑える効果が
非常に強いのがステロイドです。

しかし、ステロイドは効果が強力な分、
副作用も強いですよね。
長期連用により、皮膚の線維芽細胞をどんどん破壊し、
だんだんと皮膚が薄くなっていきます。

そこで、プラセンタです。
プラセンタは、様々な成長因子、
増殖因子も豊富に含まれていましたよね。

上皮細胞増殖因子、線維芽細胞増殖因子により、
ステロイドで破壊された細胞を修復して増やし、
上皮細胞も増やすので新しく角質層が作られていきます

また、プラセンタは神経系の
調整機能も持ち合わせています。
アトピーのかゆみは、皮膚の表皮と
真皮の結合部分にある知覚神経週末から
中枢へかゆみが伝わり、
脳でかゆみが認識されるのですが、
その神経の興奮伝達を抑え
アトピーのかゆみを感じにくくする効果もあります。

このような作用のあるプラセンタの
良い所を抽出したプラセンタエキスは、
肝機能や更年期障害だけでなく、
アトピーにも効果があるのですね。

私もアトピーですが、最近は
アトピーのかゆみは、ほとんどないです。
かゆくなったら、いつもみんなの肌潤糖を塗って
ケアしています。

食事や生活習慣も注意していますし
プラセンタエキスも飲んでいますよ。

プラセンタエキスの中で
いいなと思うのは、ヴィーナスプラセンタEXです。
潤いとハリがある肌に導きますよ。
ヴィーナスプラセンタEXの口コミ評価レビュー!他のプラセンタサプリとの違いは何?

あわせてお読みください: