バランシングゲルの全成分と特徴

今回は、ナチュラルエレメンツの濃厚
なのに、スルっと馴染むオールインワン
ゲル「バランシングゲル」の全成分と
特徴をまとめます。

■バランシングゲルの全成分

全成分は、以下の通りです。
水、グリセリン、BG、スクワラン、ベタイン、水溶性プロテオグリカン、セラミド1、セラミド3、セラミド6II、水溶性コラーゲン、ダイズ種子エキス、ビワ葉エキス、ウンシュウミカン果皮エキス、シャクヤク根エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、ヒアルロン酸Na、ユズ果実エキス、レモン果実エキス、アロエベラ葉エキス、ナタネ油、グリチルリチン酸2K、トレハロース、1,2-ヘキサシジオール、カルボマー、水酸化K、水添レシチン、キサンタンガム、コレステロール、パルミチン酸、トコフェロール、ラウロイルラクチレートNa、フィトスフィンゴシン、(C12-16)アルコール、フェノキシエタノール

プロテオグリカンやセラミドや
水溶性コラーゲンなどの保湿成分
セイヨウオオバコ種子エキス等
抗糖化成分が豊富です。
体験→バランシングゲルで潤い持続効果

バランシングゲルの特徴

バランシングゲルの特徴を
次の3点にまとめました。

リッチなセラミド処方

保湿というと化粧水をすれば
OKのようですがそうではなくて、
乾燥のもともとの原因は、
もともと肌に存在する保湿因子
「セラミド」が不足しているためだと
いうことに着目し、不足しがちな
3種類のセラミドを豊富に配合して
いますから保湿効果バッチリなのです。

話題のプロテオグリカンで糖化対策

プロテオグリカンは動物の皮膚に存在し
若々しい肌を保つために作用する成分です。
また、ヒアルロン酸の1.3倍の保湿効果があります。
そしてコラーゲンやヒアルロン酸の
生成を助ける働きもある
今注目の成分です。

•人間の細胞間脂質と同じラメラ構造のゲルで浸透しやすい

ラメラ構造とは、水分と油分が交互に
重なり合っている構造です。

このラメラ構造に乱れがあると、
水分を逃してしまい
乾燥を起こしやすくなります。

バランシングゲルはゲル自体が
ラメラ構造をしているので肌馴染みがよく
するっと浸透できるのが特徴です。

このように、バランシングゲルは
人間の肌構造に沿って作られて
いるので保湿成分が角質層まで
しっかり浸透しやすくなっている
のですね。

だからアトピーや乾燥肌にも効果が高く
エイジレスな潤い肌に導いてくれます
公式サイト→【NATURAL ELEMENTS】バランシングゲル
*定期購入でお得に購入しても、
お肌に合わなかったら1回でやめられるので、
定期コースがお勧めですよ。

あわせてお読みください: