セラミドが減ると乾燥肌やアトピーになりやすい

セラミドが減ると乾燥肌やアトピーになりやすいと
言われています。

セラミドとは、 N-アシルスフィンゴシンという
皮膚の角質の中のスフィンゴ脂質の一種です。
皮膚に水分を保つ保湿作用があると考えられています。
皮膚のバリア機能を助ける働きもあります。

セラミドは、皮膚や髪など
体の潤いを保つのに大事な成分です。

若くて健康な肌だとセラミドも多いので
潤い肌になるのですが、
加齢とか紫外線とかストレス
季節の変化などでも、セラミドの量が減って
肌の乾燥が起こりやすくなります。

ローションなどをつけすぎても
逆効果で肌が乾燥してしまってセラミドが
減りやすいですから注意しましょう。

ピーリングのしすぎでも皮膚の表面が
傷ついて新陳代謝が早くなりすぎて
角質が若くてセラミドを作れなくなって
セラミドが減ってしまい乾燥しやすくなります。

紫外線も浴びないように注意です。
新陳代謝が早くなりすぎて
角質が十分に機能できずに
セラミドが減ってしまいます。

乾燥肌やアトピー肌などは、特に
セラミドが不足しています。

セラミドの効果は、保湿効果の他にも
シミや肌荒れ予防効果も期待できます。

乾燥肌やアトピー肌の方は
セラミドを補ってあげるといいです。
表面部分の保湿にセラミドが活躍します。

ヒアルロン酸は真皮の部分の保湿
効果があります。

保湿効果があるコラーゲンヒアルロン酸
いっしょに補うと、さらに潤いがある
ぷるぷる肌になりやすいです。

セラミドを含む食材は
こんにゃくや黒豆や胚芽米や玄米や
牛乳やヨーグルトやごぼうやひじきなどです。
特にこんにゃくが多く含まれています。

ただ食材だけでは、セラミドを補うのは
難しいとも言われています。

肌の新陳代謝を正常にすること
セラミドを増やすために一番大事だからです。
新陳代謝の改善方法

なお、セラミド入りのスキンケア商品を
使って不足を改善したいという方にはヒフミドが人気です。
hihumido1
セラミドの種類もいろいろなんですが
ヒフミドはヒト型セラミドを使っているので
保湿効果が高いからです。

セラミド不足で乾燥しているのかもと
心当たりがある方は、こちらお試しセットを
試してみるといいです。
公式サイト→ヒフミドトライアルセット

あわせてお読みください: