アトピーに良くない食べ物と良い食べ物

アトピーに良くない食べ物と
良い食べ物は何があるのでしょうか。

まず良くない食べ物からご紹介しましょう。
アトピーの方の多くが、そもそも
食物アレルギーを持っている場合があります。

大豆、小麦、牛乳、卵などの
アレルギーを持っておられたら、
その食品を摂取することでアトピーは悪化しますので、
必ず避けるようにしましょう。

また、塩分や添加物が多く含まれている
加工食品はなるべく避けましょう。

砂糖も白砂糖は避け
自然食品などの黒砂糖や腸内環境を
整えるオリゴ糖がおすすめです。
あとは、香辛料など刺激の強い食べ物もよくありません

また痒みを誘発するヒスタミンや
アセチルコリンが多く含まれている食材も
多量に摂取するのはよくありません。
誰でも偏って食べ過ぎるのはよくないですね。

例えばヒスタミンを多く含む食材は、
ほうれん草、なす、トマトなどがあります。

アセチルコリンを多く含む食材は、
トマト、なす、たけのこなどがあります。

また、乳製品の中でもヨーグルトは
善玉菌により腸内環境を整えるので、
アトピーには良さそうですが、実は賛否両論です。

その理由が乳製品アレルギーです。
アトピーの方は
食物アレルギーでもある場合が多いので、
乳製品を食べられない方は
もちろんヨーグルトを食べると悪化してしまいます。

そのため、ヨーグルトはアトピーに良いと言う意見と
悪いという意見があるのです。

ヨーグルトを食べても痒みや体調不良などが
ないとわかっている場合は、
メリットの方が大きいので積極的に摂取しましょう。

同様の理由で、味噌、チーズ、
ワイン、ビールなどの発酵食品も
アトピーに良いとの説もありますが、
こちらも仮性アレルゲンといって、
アレルギーと同様の症状が起きる場合があります。

ですから、一度にたくさん
食べるようなことはなるべく避けましょう。
そして、食べたことによって痒みが増すようであれば、
除去していくのもアトピー改善のコツです。

次にアトピーに良いと言われている
食べ物についてご紹介します。
緑黄色野菜や海草類は食物繊維や
ビタミン、ミネラルが多くアレルギーを
起こしにくいとされています。
和食を中心として、これらの食材で調理しましょう。
wasyoku

悪い食材でもご紹介しましたが、
黒砂糖やオリゴ糖、てんさい糖などが
甘味調味料では、アトピーに望ましい食材です。

また、油をあまり使わず、
ゆでる・蒸すなどの調理法をおすすめします。
主食は米、あわ、ひえ、玄米など積極的に摂取しましょう。
昔ながらの穀類は日本人の体質に良く合っているからです。

そして、豆腐のアレルギーがなければ、
豆腐は「畑の肉」とも言われ、
良質なタンパク質が多く、
動物性タンパク質よりヘルシーで
アレルギーを起こしにくい食材です。

アトピーに良いとされる食材は、
たくさんありますが、
自分にアレルギーがある食材を
摂取しては悪化するばかりですので
まずは自分の食物アレルギーのチェックをする
ことが非常に大切です。

私も20年以上アトピーで
かゆくてかさかさで黒ずんでいました
みんなの肌潤糖という
強力な保湿スキンケア商品のおかげで
今は、すっかりかゆみも改善しています。

もちろん食事や生活習慣に注意しています。
甘いものが好きですがあまり食べないようにして
油脂が多い食べ物も控えめにしていますよ。

★今でも、不摂生するとかゆくなることは
たまにありますが、いつも手元に常備している
強力な保湿スキンケア商品の「みんなの肌潤糖」
おかげで、すぐにかゆみも改善して
お肌も潤って快適になっています。
体験記事→みんなの肌潤糖でアトピー改善
みんなの肌潤糖は、保湿力が強いのでバリア機能の修復
早くてかゆみも改善して黒ずみも薄くなりました。
公式サイト→無添加アトピーケア、保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』
DSC_0564

あわせてお読みください: