アトピーなどの黒ずみや痒みにさようなら

アトピーで乾燥してかゆくなる。
痒いのでかいてしまう。
そのせいで黒ずんでしまう。

アトピーと乾燥による悪循環です。
アトピーであれば、このような悪循環を
経験した人は多いのではないでしょうか。
どうしたらこの悪循環から抜け出し、黒ずんで
見えない綺麗な肌を取り戻せるのでしょうか。

やはり、一番は保湿です。
しっかり保湿が出来ていれば、お肌のバリア機能が
働きアトピーや痒み、乾燥などが少しずつ良くなってきます。

保湿には無添加で肌に優しいものを選びましょう。
おススメは「みんなの肌潤糖」です。
私も愛用しています。

みんなの肌潤糖は無添加で天然成分100%なので、
赤ちゃんが舐めてしまっても安心です。
保湿力が強いのでバリア機能の修復も
早くてかゆみも改善して黒ずみも薄くなりました。
公式サイト→無添加アトピーケア、保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』
DSC_0564

自分でしっかり保湿対策をして、
カサカサ知らず痒み知らずの綺麗な肌を手に入れましょう。
これは保湿力が高く、肌のバリア機能も改善にしてくれます。
少しでも痒みや乾燥などが出たときに使うといいでしょう。

逆におススメ出来ないのはワセリンです。
よく病院等で処方されると思いますが、
ワセリンは肌の中に入りアトピーの
痒さが悪化することがあります。
さらに、紫外線に当たると油焼けを
起こしてしまいクスミと痒みの原因になります。

かいたりしたせいで、かさぶたや黒ずみ、
色素沈着などがある場合があります。
その場合は代謝を良くすることで
お肌のターンオーバーを
正常に行えるようになれば、
少し黒ずみ等は改善していきます。

そこで代謝をあげるには運動なら
ウォーキングがいいでしょう。
全身を使うので効果があります。

あとは食事で代謝を上げる方法です。
美白効果のあるビタミンCやビタミンE。
美肌効果のあるビタミンB郡やミネラル、酵素。
野菜やフルーツに多く含まれているので、
積極的に食事で摂るようにしましょう。

日に浴びた所が黒ずんでしまう場合は、
紫外線を直接浴びないようにしましょう。
日焼け止めよりも肌に負担のかからない帽子や
日傘、長袖等で対策した方がいいでしょう。

痒みやアトピーなどを改善させるには長い時間がかかります。
しかし、諦めないで続けることが大切です。
続けることで、症状の改善や黒ずみが改善されていきます。
諦めずに頑張りましょう。

あわせてお読みください: