アトピーと腸内細菌の関係

アトピーと腸内細菌の関係についてです。

腸内細菌の善玉菌は消化を助けたり、便秘を改善したり
外から入り込んだ異物の菌が増えたりするのを
防いだり、免疫にも大きく貢献しています。
もちろんアトピー改善にも役立っています。

善玉菌として有名なのが乳酸菌です。
いろんな種類の乳酸菌が存在しています。
乳酸菌の仲間でメインのビフィズス菌や
ラクトバチルス菌などいろいろですね。
乳酸菌とビフィズス菌についてはこちらをどうぞ。
乳酸菌やビフィズス菌で腸内改善で潤い美肌になる

乳酸菌のビフィズス菌やラクトバチルス菌は
リンパ球の中のTh1細胞の数を増やそうとします。
そうするともうひとつのリンパ球の中の
Th2細胞の動きが弱くなって
かゆみや炎症が改善される傾向になります

なぜならTh2細胞が強化されると
IgE抗体が作られてしまうので
アレルギーのかゆみや炎症が強くなるからです。

乳酸菌のおかげで間接的に
Th2細胞の働きが弱まるわけです。

Th2細胞はアレルギー反応を引き起こす作用です。
Th1細胞はアレルギー反応を抑制する作用です。
お互いに影響を与え合っています。

ですから、アトピーのかゆみや炎症改善にも
善玉菌である乳酸菌を増やすこと
有効なのです。

正常な体の腸内には腸内細菌が100種類以上で
100兆個以上も住んでいるそうです。
善玉菌、悪玉菌と呼ばれる腸内細菌の
バランスが良い状態が健康な状態です。

しかしアトピーだと健康な人の1000分の1の量の
腸内細菌しかいないという話もあります。

このことからも、腸内細菌の中の
善玉菌が増えて腸内環境が良くなること
アトピー改善にも繋がりますね。

腸内細菌の善玉菌が増えれば、
アトピー改善だけでなく
便秘改善や下痢改善にもなります
新陳代謝の改善にもなって
美肌になります
太りにくくなるのでダイエットにもいいですし
若返りにも役立ちます。
免疫力もアップするので
病気をしにくくなります。

腸内環境を良くすることは
アトピーだけでなく美肌や
ダイエットや健康にも、とても大事ですね。

善玉菌が増えるためには
プロバイオティクスと呼ばれる
乳酸菌を含む食べ物や発酵食品
積極的に食べるといいです。
例えば、麹菌も納豆菌も酵母菌
プロバイオティクスです。

一方、善玉菌を増やす食品は、
プレバイオティックス食品と呼ばれます。
オリゴ糖や食物繊維などです。
オリゴ糖は、てんさい糖やバナナなどに
含まれています。食物繊維は野菜に含まれています。

オリゴ糖の栄養食品で、我が家で
よく飲んでいるのはカイテキオリゴです。
高純度の複数オリゴ糖で腸内のすべての
ビフィズス菌の栄養になることで
善玉菌が増えるので便秘改善にもなりますし
アトピー体質の改善にも効果がありますよ。
私は、最近はアトピーもかゆくないです。
公式サイト→口コミで日本一売れている噂のオリゴ糖です

体験記事→カイテキオリゴで便秘改善で美肌になった!
DSC_0567

他には、腸内環境をよくするためと
加齢で酵素が減ってくるので
酵素補給もかねて美肌とダイエット
健康のために飲んでいるのが優光泉という酵素ドリンクです。

体に悪いものを排出すると、アトピーにもいい影響があります。
お肌もよくなって体もスリムになりました。
体験記事⇨優光泉酵素ドリンクの口コミ!痩せてすっきり美肌体験

あわせてお読みください: