みんなの肌潤糖でアトピー肌を改善してからニキビ対策

みんなの肌潤糖でアトピー肌を改善してから
ニキビ対策に集中すると良いです。

アトピー肌の改善によいと人気の
「みんなの肌潤糖」ですが、
ニキビケア用の「みんなの肌潤糖クリア」
という商品もあります。

アトピー肌でニキビ肌という
ダブルの悩みを抱えている人も多くいますが、
はたしてどちらを選んだらよいのでしょうか。

何かに免疫が過剰反応してしまう
アトピー肌は、潤いを保持できないために
肌が乾燥し、バリア機能が弱まって
外部刺激を受けやすくなっています。

その結果としてかゆみが増し、
たまらなくなって掻くことで
さらに肌にダメージを与えてしまい、
またそこに外部刺激が加わって…という悪循環に。

一方、ニキビ肌の場合はどうかというと、
原因菌であるアクネ菌を殺菌して
皮脂を取り除かなければなりませんが、
それでは健康な肌を保つための
美肌菌(表皮ブドウ球菌)も
どんどん殺菌されて、肌の余分な
皮脂や老廃物を排除する能力がなくなってしまいます。

そして、皮脂がどんどん溜まって
毛穴が詰まりニキビができやすくなってしまいます

皮脂はニキビの大敵ではあっても、
取りすぎると乾燥肌の状態になってしまい
皮脂をもっと出さなければと
過剰に皮脂分泌が行われるので、
結局毛穴を詰まらせてニキビは改善されません。

つまり、ニキビ肌の場合は
皮脂コントロールも大切ですが、
アトピー肌と同様に肌の奥まで
しっかり保湿をすること
改善への道につながっているのです。

それなら「みんなの肌潤糖」で
どちらにも対応するのではないかと
思ってしまいますが、
ニキビケア用の「みんなの肌潤糖クリア」のほうには
抗菌効果のあるティートゥリ—油
抗炎症作用・鎮痒作用のあるラベンダー油
清涼感があり新陳代謝を高める和ハッカ油、
リラックス効果のあるバニラオイルなど、
ニキビケアに最適な成分が配合されているのが特徴

どちらの肌潤糖も「保湿」に
重点をおいてはいますが、
肌表面を保湿する柑橘系の
植物オイルが配合されている「みんなの肌潤糖」と
ニキビケア用の「みんなの肌潤糖クリア」は
やはり違うのです。

本来ならばアトピー肌かニキビ肌かで
みんなの肌潤糖シリーズを
使い分けたいところですが、
ダブルのトラブルに悩んでいる場合は
まずはボロボロになった皮膚状態の
アトピー肌改善を優先させるほうがよいです。

ベースとなる肌が潤いを保持できるようになると
ターンオーバーも正常に行われるようになるので、
肌も元気を取り戻します。

健康な肌であれば
皮脂コントロールもできますし
老廃物を排除する力も備わっていますので、
結果としてニキビもできにくい肌になるからです。

ですからアトピー肌の場合は
たいてい「みんなの肌潤糖」だけで
アトピーもニキビも改善していることが多いです。
体験記事→みんなの肌潤糖でアトピー改善
みんなの肌潤糖は、保湿力が強いのでバリア機能の修復も
早くてかゆみも改善して黒ずみも薄くなりました。
公式サイト→無添加アトピーケア、保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』
DSC_0564

それでも、肌の状態がよくなったと
実感できた頃にまだ気になるニキビがあるようなら
その時に「みんなの肌潤糖クリア」に
切り替えるとよいです。
レビュー→みんなの肌潤糖クリアでニキビケア

あわせてお読みください: