乾燥肌やアトピー改善レポートプレゼント

●乾燥肌やアトピー改善で潤い肌になる方法レポートと通信講座を
無料プレゼント中!!
乾燥肌やアトピー改善のために活用してください。
乾燥肌改善で潤い肌レポートプレゼント案内

みんなの肌潤ろーしょんで敏感肌も潤う?

みんなの肌潤ろーしょんで敏感肌も潤う?

敏感肌で乾燥肌だという女性はとても多いですよね。

私も幼い頃からアトピー性皮膚炎を持っていますが、極度の乾燥肌と敏感肌のため、スキンケアアイテムにはとても気を使います。

特にこれから季節が変わり冬になってくると、空気はますます乾燥し、肌はかさかさと重度の乾燥状態に陥ります。

そんな乾燥した肌に高い保湿効果をもたらしてくれるのが、みんなの肌潤ろーしょんです。
「みんなの肌潤ろーしょんで敏感肌も潤う?」の続きを読む…

みんなの肌潤糖がアトピーの保湿ケアに人気なのはなぜ?

みんなの肌潤糖がアトピーの保湿ケアに人気なのはなぜ?

みんなの肌潤糖と聞くと、アトピーケアに向いているアイテムだよね!と思われる方が多いかもしれませんね。

確かに、アトピーの方に人気の商品です。

しかし、みんなの肌潤糖は、アトピー専用のスキンケア商品というわけではありません。

肌の弱い人や敏感肌の人、アトピーの人など、どなたでも肌質を選ばずに使えるのが「みんなの肌潤糖」なのです。

では、なぜアトピーの保湿ケアに人気があるのでしょうか?
「みんなの肌潤糖がアトピーの保湿ケアに人気なのはなぜ?」の続きを読む…

あきゅらいずのクチコミ評価!シワやシミケアに良いのは本当?

あきゅらいずのクチコミ評価!シワやシミケアに良いのは本当?

毎日のベースメイク手間だと思ったことはありませんか?

朝、顔を洗うのと同じように、ベースメイクも当たり前だから、面倒とは思わないという方もいるかもしれませんね。

私は・・・できれば、すっぴんでいたいくらいです。

忙しい朝にベースメイクをする毎日、これをやらなくてよくなったらいいなあと正直思ってしまいます。

若い頃は、すっぴんでも全然平気で外に出られたのに、今となってはゴミ捨てに少し外に出るだけでも、すっぴんだと恥ずかしく思ってしまいます。

これ、もしかするとスキンケアのやりすぎが原因ではないかと言われています。

例えば、肌が乾燥するから化粧水をつけすぎてしまったり、毛穴やシミが気になり隠したいからファンデーションのを塗り過ぎてしまったりといった感じです。

キレイな肌でいたいから、洗顔をしっかりしなくてはならない!と、思って洗いすぎてしまったりしていませんか。

これらの「ミスギ」習慣が、肌の元気をなくす可能性が高いそうですよ。

では、どうしたら良いのか?ということになりますが「あきゅらいず」をオススメします。
「あきゅらいずのクチコミ評価!シワやシミケアに良いのは本当?」の続きを読む…

アルケミーの全成分と特徴やメリット

アルケミーの全成分と特徴やメリット

新しいエイジングスキンケアの「アルケミー」は、20代後半~30代女性のために開発された商品です。

肌年齢を感じ始めるのは、個人差があるものの、多くの方は20代後半くらいから肌のくすみやほうれい線が気になるという方か多いようですね。

そんな、くすみやほうれい線が少し気になり始めたというプレエイジングケアができるスキンケアとしてアルケミーが商品化され発売されたという経緯で誕生しました。

今回は、アルケミーの全成分と特徴やメリットなどを紹介しますね。
「アルケミーの全成分と特徴やメリット」の続きを読む…

ノンシリコンのHerb Garden(ハーブガーデン)で、髪は潤う?まとまる?

ノンシリコンのHerb Garden(ハーブガーデン)で、髪は潤う?まとまる?

最近は、ドラッグストアなどにも種類豊富にシャンプーが並んでいます。

新製品もどんどん発売され、新しいものを見つけると試してみたくなってしまいますよね。

以前はしっかりと髪の毛を洗えればそれでよしとされていたシャンプーですが、時代は変わり、ユーザーは髪の質や頭皮の悩みなどに合わせて選ぶようになりました。

また、配合成分によっては頭皮に刺激が強すぎることもあるという実情を知らされたりで、シャンプー選びも慎重になってきていると言えるでしょう。

とくに、敏感肌やアトピー肌の人などは、なるべく天然素材を使った頭皮にやさしいシャンプーを選びたいと考えます。
「ノンシリコンのHerb Garden(ハーブガーデン)で、髪は潤う?まとまる?」の続きを読む…

50代老け顔!シミ・しわ・たるみ改善に一番人気のオールインワンは何?

50代老け顔!シミ・しわ・たるみ改善に一番人気のオールインワンは何?

いつまでも若々しく、綺麗でいたい…と誰もが思っているはず。

しかしながら、年々肌は衰えていく一方だし、加齢には逆らえないから仕方ないと諦めていませんか?

ちょっと待って。諦めるのはまだ早いですよ!

適切なスキンケアと健康的な生活習慣で若々しい肌を手に入れることが出来るんです!

「50代老け顔!シミ・しわ・たるみ改善に一番人気のオールインワンは何?」の続きを読む…

ウルウ(ULU)と白漢 しろ彩(はっかんしろさい)の比較!どちらがよい?

ウルウ(ULU)と白漢 しろ彩(はっかんしろさい)の比較!どちらがよい?

赤ら顔でお悩みの方、多くいるのではないでしょうか。

「赤ら顔」という言葉は、最近知りましたが、振り返ると私も長年赤ら顔の症状に悩み続けていました。

赤ら顔だと、お化粧選びも気を使いますよね。

ネットで調べてみると、「ウルウ」と「白漢 しろ彩」が、赤ら顔に良いみたいだけど、どちらを使ってみようか迷っているという書き込みなどをよく見掛けるので、それぞれの特徴などを比較したいと思います。

「ウルウ」も「白漢 しろ彩」も、どちらも人気がある赤ら顔ケア専用の化粧品ですが、違いなどを調べてまとめてみました。
「ウルウ(ULU)と白漢 しろ彩(はっかんしろさい)の比較!どちらがよい?」の続きを読む…

江崎グリコのgg(ジージー)は効かないの?効果を出す方法は?

江崎グリコのgg(ジージー)は効かないの?効果を出す方法は?

江崎グリコから、スキンケア商品が発売されていることをご存じですか?

江崎グリコというと、あの世界的に有名な食品メーカーですよね。

グリコは、日本だけでなく世界視野で高い知名度を誇る会社で、知名度が高い商品も次々と販売されていますね。

そのグリコから、食品ではなくヘルスサイエンスの視点から人の健康を追求する研究が進められており、今回紹介するエイジングケアに力を発揮することで注目を集めている「gg(ジージー)」が開発されました。

特徴は、世界初のEAPグリコーゲンを独自開発し適用した商品が、ggとなっています。
「江崎グリコのgg(ジージー)は効かないの?効果を出す方法は?」の続きを読む…

敏感肌や顔の赤みをケアするコツ

敏感肌や顔の赤みをケアするコツ

あなたは、お肌の悩みありませんか?

乾燥肌や敏感肌、顔の赤みなど、色々あると思います。

私は、学生の頃から乾燥肌でしたし、顔の赤みも気になっていました。

社会人になりたての頃、敏感肌ということにも気が付きました。

乾燥肌なので、しっかり保湿などケアをしたいものの、敏感肌でスキンケア商品も、どれなら安心して使えるものなのか、悩んだこともありますし、なかなか自分に合うものも見つかりませんでしたね。

乾燥肌や顔の赤みについて、何か改善できる方法はないか調べてみたこともありました。

洗顔するときやスキンケアをするとき、自分では意識していなくても、強くこすったり、強く洗ってしまうと、乾燥肌は悪化することがありますし、顔に赤みがでる原因にもつながります。

お肌のマッサージも、お肌が元気な時は良いですが、皮膚が弱っているときは、炎症を起こす原因につながることもあります。

冷えから顔が赤くなることもありますし、乾燥肌の原因になることもあります。

冷えに関しては、食べ物や生活習慣の見直しで改善できると言われていますが、短期間では正直難しいかもしれません。

でも続けないと全く改善されませんからね。

冷え改善に良いと言われていることは、無理のない範囲でいいので、長く続けると少しずつ気が付いたら改善されていたという日が訪れると思って取り組んでくださいね。

さて、食べ物で乾燥肌を改善させるために、オススメは手羽先や豚足、フカヒレ魚の皮などコラーゲンを多く含む食材です。

これらは、お肌の保湿に効果的です。

コラーゲンで保湿効果を得ることで、乾燥肌が改善され、皮膚は修復されやすくなるので、赤み改善にもつながります。

食べ物で肌の内側からのケアを行い、スキンケアで肌の外側からのケアもしていきましょう。

無添加で低刺激のスキンケア商品を使うことが改善のコツです。
「敏感肌や顔の赤みをケアするコツ」の続きを読む…

ウルウ(ULU)の人気の理由と、デメリット&解決策

ウルウ(ULU)の人気の理由と、デメリット&解決策

意外と多い赤ら顔の悩み。

そんな赤ら顔のケアとスキンケアがいっぺんにできてしまう「ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)」が、今、話題になっています。

オールインワン美容エッセンスなのでお手入れが簡単ですし、赤ら顔改善効果の実感もしっかりとできるということから、人気を集めているんですよ。

今回は、そんなウルウが気になっている人のために、その人気の理由とデメリット、そしてデメリットの解決法までまとめていきますね。

まずは人気の理由からです。
「ウルウ(ULU)の人気の理由と、デメリット&解決策」の続きを読む…